【ドラポブログ】新カード『鬼女紅葉』を含むコロシアム向け選抜ガチャについて

ヒース(@heath_bryal)です。

 

8月13日(月)23:59までのコロシアム向け選抜ガチャに関して。

第248弾新SSカード『鬼女紅葉』を含む選抜となっている。

コロシアム向けの選抜なので、今回開催用に取得するか、今後を見据えて引いておくべきかどうかなどを簡単に評価してみる。

 

目次

火属性選抜

ドラポ 火選抜

コロナ姫、鬼女紅葉、阿国の3体。

阿国はそろそろ重複も厳しくなってくる頃合いかもしれないけど、タワーダンジョン上層階で必要なら、タワーダンジョン開催期間中に選抜しているのは運営のやさしさ以外の何物でもない。

 

ハリー&コロナ姫は火帯突4&麻痺で、すでに麻痺状態なら威力1.2倍と攻ダウン2となかなか強力。

コロシアムでは麻痺は充分強力な状態異常なので、4連突を全体化させれば異常軽減次第だが、開幕以外ではそこそこの人数を麻痺状態にできるはず。

Aを森で固めてくれると帯びの効果も乗ってかなりの火力が期待できる。

 

新カードの鬼女紅葉は咬4と麻痺。HP条件で全体追撃、さらに子分に妖怪が多いほど威力UPとなる。追撃があるのでコロシアムやデュエルマッチで使いやすい。

鬼女紅葉については専用の記事を書いたので詳しくはそちらを参照して欲しい。

[kanren postid=”3792″]

 

阿国は味方全体に3ターンの持続早バフ2を付与し、早バフが5なら見切りを付与する。

見切りは必中攻撃以外を避けてくれるので、鉄壁とはちがいダメージを0にするわけではない。

鉄壁は当たっているけどノーダメージなだけで、状態異常もデバフや持続も受けてしまう。見切りはすべて回避するので何も起きない。だいぶちがう。

また、バフカードの子分に阿国を入れておくことで、同じく早バフ5のときに見切りを付与してくれる。

阿国の親分効果ではターン終了時の見切り付与だが、子分効果では即時の発動も可能。親分が強力な早バフカードであれば、そのターンの敵の攻撃を見切ることもできるので、阿国は2枚以上の所持がよいとされる。

 

水属性選抜

ドラポ 水選抜

トルピーユ、ヘンゼルとグレーテル、ⅩⅢ死神の3枚。

今回の選抜の中ではトルピーユだけが全体攻撃なので、複数化コロシアムをしない限りは水属性はちょっと引きづらい。

 

トルピーユは全体咬1〜2と麻痺。すでに麻痺状態なら赤盾付与。

先に全体的に麻痺と赤盾を撒いて、後続の攻撃を強力にする使い方にするとよさそうだ。

補助カードじゃないからスキルが優先的に発動されないので、使うほうがうまくコントロールして1手でも先にトルピーユを発動できれば効果的に運用できるかもしれない。

苦労せずに複数化コロシアムで普通に複数化と合体させればかなり強力なカードの1枚になる。

 

ヘンゼルとグレーテルは咬3と暗闇。すでに暗闇だと威力上昇、HP条件で帯び。

くわしくは別記事で評価しているのでそちらを参照してほしい。

[kanren postid=”3591″]

 

死神は突4と麻痺。すでに麻痺のときは大ダメージの追撃と全バフを1奪取する。

威力100、付与率43%と地味だが、4連攻撃を全体化できれば与ダメージも麻痺付与も期待できる。

なんでだかはよくわからないけど、死神はすごく地味なカードに思える。

 

森属性選抜

ドラポ 森選抜

ⅩⅥ塔、橋姫、リンダの3枚。

塔の選抜回数が多いのにはもう慣れたが、子分性能が高いので結構な枚数が被っても平気なのが大きいのか。いやでも、合体回避との兼ね合いもあるし、そんなに被っても意味ないな。

 

塔は敵全体攻防デバフと麻痺と追撃。追撃の威力がやや高め。

先にデバフと麻痺を撒いておけるので、麻痺で効果がUPするスキルと相性がいい。

麻痺付与率は60%と決して高くないので過信は禁物だ。

 

橋姫は咬2と麻痺。すでに麻痺状態なら赤盾付与となかなかの性能。

メインスキル自体の火力は普通すぎるので、状態異常の麻痺やサブスキルの赤盾付与主体だと結構強くなる。

コロシアムやデュエルマッチではすべての状態異常が付与可能なので問題はないが、スペダンやチャレダンでは麻痺が効かない相手にはただの森咬でしかないので運用するコンテンツは選ぶ必要がある。

 

リンダは強森1〜5と赤盾。役内に森が多いほど最低攻撃回数アップ。

リコと同様の攻撃中に赤盾が付与されるタイプなので、対象が水属性のときの火力は超高い。

攻撃回数にムラがあるのが難点なので、なるべく森属性のカードを役内に多く組み込めるようにカード切りを進めていきたい。

 

今回の選抜まとめ

ドラポ コロシアム選抜ガチャ

火属性まとめ

すでに阿国を複数枚持っている場合はピンポイントで鬼女紅葉を狙うのは厳しい。

麻痺付与カードはかなりの種類があるので、コンプする必要がなければあえて狙いにいかなくてもいいかもしれない。

逆に阿国をいまだに持っていない場合は、コスト35新カードも含まれているガチャなので積極的に狙っていきたい。

水属性まとめ

水属性は今回の選抜ではあえて引かなくてもいいだろう。

ヘングレもコスト35の最近追加されたカードなので、弱いカードでは決してないので、自分の所持カードで水咬が少ないようであれば今回の選抜で狙っても構わない。

コロシアムやデュエルマッチをしないのであれば、様子見で大丈夫だ。

森属性まとめ

森属性選抜も今回は狙わなくてもいい。

塔の選抜過多が気になって仕方がないが、橋姫やリンダを狙いたいならここでいくしかない。

ただ、今回その2枚を狙いにいく理由が薄いので、引かずに様子を見て次の選抜やコラボガチャに竜石を回したほうが幸せになれることだろう。

全体所感

今回は特にどの属性も狙わなくてもいいと思う。
(コロシアムをやっていないからかもしれないので、コロシアムへの注力度に応じて判断が変わる場合もある)

あとは個人の所持カードの不足部分に充当するかどうかで考えてもらうしかない。

コスト35カードはスキル性能が高いので、すでに咬、突、麻痺が充分であっても入れ替えてより強化するのも考え方次第だ。

 

 

今回も最後まで読んでくれてありがとう!

Twitterでもいろいろつぶやいたり他の方と絡んだりしていますので、よろしければフォローをお願いします。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする