【ドラポ】夏本番! ドラポにビーチガールズ2021がやってくる【女の子多すぎ】

ヒースです。


捕獲とも縁遠くなってきたプレイング状況だけど、2021年の夏もガッツリ開催されるドラポの『Beach Gilrs』の記事を起こしてみることにした。

ビーチガールズ(ビチガ)と言えば、一番の特徴が登場する女の子の多さ。

宝石娘やマーメイドに始まり、各水着キャラがどんどんと追加されていく。そして、なぜか追加されない最新鋭宝石娘という展開が続く。

毎年夏に追加されるSS。1体は宝石娘であることがあり、もう1体がほぼ水着キャラ。で、追加は水着キャラ。宝石娘も追加してほしいがガチャで引け、ということだ。

左の赤いほうが新宝石娘の辰砂。あんまり読めないよね「しんしゃ」って。辰砂自体の別名が賢者の石なので、ドラポでも『賢者の宝石娘』となっている。全体化なのでスペダンでの出番はない。

青いほうが悪魔アスタロト。その水着版。本体の性能がアレなので、水着版の強水はタップ盾破壊があるだけ戦線に参加できそうなスペックではありそうだ。必中なのも良い。

目次

ビーチガールズ2021

ビーチガールズは誘惑が効くタイプの捕獲サービスダンジョンなので、デッキは耐久型捕獲威力UPで決まり。

しばらく捕獲に参加していないので最適解のデッキをオススメすることは難しいが、直近で覚醒進化したシェリーがどうなるかにひとつ注目(?)したい。

捕獲を効率化するには、補助系スキルで誘惑スキル持ち(追加発動型はNG)を威力合体するのが基本となる。

誘惑スキル持ちを子分とオーブで威力マシマシにして、 合体スキルは子分が適用されないので素の倍率が高い単体型で最強誘惑にするか、威力複数型で付与効率を優先するかは個人の見解による。単体威力ではなく威力複数の合体スキルを使用する場合は、付与効率のために複数化の回数が多くなればなるほど、最終的に付与する誘惑が薄くなるのでなんだかんだ捕獲が長期化するおそれもある。

過去捕獲をしていた際は単体威力合体でデッキを構成していた。「誘惑入らない!」ということはままあったが、入ってしまえばあっさりカード化というカタルシスが好きならこちら。

ビーチガールズの難点

ドラポ ビチガ ダイヤモンド

ビーチガールズをプレイしなくなった最大の原因が『目当ての女の子の遭遇率の低さ』これに尽きる。

毎年増えに増えてはや8年分?

難易度が増すほどに女の子の種類が増えていく仕様のため、以下の症状がよく出る。

・まずSSに遭遇しない「おまえに用はない!」

・SSに遭遇してもほしくない「おまえじゃない!」

どちらにせよ、望んでいないキャラに遭遇する可能性のほうが高い。もう、RとかSとか出さなくて良くない?

5年目くらいから言ってるような気がしなくもないが、階級毎とカキ氷マローンとフェアリーで出る女の子を変えてもらえないものか。

ジェム側が水着でフェアリーが宝石娘やマーメイドの旧キャラとか、グアム級以上は新SSが出やすいまたは旧キャラが出ないとか。

古参であればあるほど昔のキャラは要らない。遭遇したらアタッカーの威力合体で視界から消すくらいなら、始めから遭遇したくないところ。

ペリドットとか何枚あんねん、という話だ。新春でも出てくるからな初代は。

遭遇しやすさにテコ入れがあったらビチガももうちょっとたのしめるんだけど、少なくとも今の状況でこの遭遇率のままでは、たとえプレイするにしても初週の土日にちょっとくらいで、目当てのSS(水着アスタロト)に出会わなければその時点で今年の夏は終了になるよ容易に想像できる。

出会うまでに時間がかかるのは許容できない。出会ってからなかなか捕獲できないのは許容できる。

強誘惑での捕獲率が高くなりすぎたこともあり、出会えないことで調整するのはわからなくもないが、理解できることが許容できることとイコールではないので、やはり出会えないことはストレスであるので調整されないならプレイはしないと思う。

ビーチガールズ2021まとめ

注:宝石娘だけどビーチガールズには出ないよ!

辰砂も出してほしいなぁ。

というか、海が嫌いな宝石娘が増えているので、どんどん海に連れ出してほしい。

遭遇する女の子が多すぎて、古参であればあるほど無駄な時間が増える……とは言うものの逆に考えれば捕獲できるSSがとても多いということだ。

ドラポのプレイがそこまで長くない人ほどビチガは絶好のSS回収の機会になるので積極的にプレイしてほしい。捕獲はかなりプレイヤースキルを要するので、上手な人に連れて行ってもらってしっかりとコツを伝授してもらうのがいい。

誘惑のタイミングやカード化2倍や自然発動とかW合体の駆使ももちろんだけど、準備段階でも覚醒キャラを敢えてレベル1に留めておいたり、ノンスキルのNカードをデッキに組み込んだり、オーブ集めにチャレダンに籠もったりとやろうと思えば捕獲関連の作業はたらふくある。

もちろん、あまりにガチになると相当大変なので、エンジョイ勢に留めておくというのもひとつの手だ。

CPU混じりのパーティーはそこそこの確率でCPUのアタッカーを威力合体してSSを撃破することもあるし、野良で行くとほしいキャラを速攻で消し去られたりとわりと散々な目に遭う。

いっしょに捕獲をたのしめて、ほしいカードが共通している人とグルチャを組むのが一番いい。それができなければそもそもやらないか、運を天に任せて捕獲に勤しもう。

とりあえず水着ヘラは集めておくといいかも(実装当時のイメージで言っているので、2021年ではどうかはわからない)

ドラポ ビチガ ヘラ(浮き輪ver)


今回も最後まで読んでくれてありがとう!

Twitterでは、記事にしないような内容も含めてもっとたくさんつぶやいていますので、よろしければTwitterアカウント(@heath_bryal)のフォローもお願いします!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする