【ドラポブログ】ステージセレクトミニストーリー『魅惑のドラポ水泳大会2018』

ヒース(@heath_bryal)です。

 

毎度恒例となってきたミニストーリーのまとめに関して、今回は復刻スペダン『魅惑のドラポ水泳大会2018』のステージセレクトミニストーリーを取り上げよう。

 

今回のミニストーリーは初級〜上級→旧真竜王級→鬼級〜真竜王級→超竜皇級の流れで話が進んでいる。

前回の『おかしな森のヘンゼルとグレーテル』でもそうだったけど、超竜皇級はどちらかといえば後日談的な意味合いが強そうだ。

[kanren postid=”3701″]

 

超竜皇級の怪しい人物たちは次の大型コンテンツの仕掛け人なんじゃないかと思い始めてきたが、さぁ、今後のドラポはどこへ向かっていくのだろうか。

 

目次

ステージセレクトミニストーリー『魅惑のドラポ水泳大会2018』

以上が復刻『魅惑のドラポ水泳大会2018』年版のミニストーリー。

 

初級に「上級までと旧真竜王級は再放送」と書いてあるので、去年のドラポ水泳大会も今回もTV放送だったようだ。

司会は上級までがアロハファントムで鬼級以上がヴァカンスファントム。まぁ、いずれもファントムでノリもたいして変わらない。

 

ハデスはアマテラスとは意外と仲がいい感じだけど、ファントムにはそうでもない。調子に乗ってるからゼウスみたいに石化してやってもいい。ビバ、肉体美!(むしろ喜びそうだ)

スペダンでは3人仲良く並んでいるが、誘惑かけたらハデスがファントムを猛攻撃するとかあったらおもしろかったかも。

 

そして、以下が旧真竜王級のミニストーリー。

ここだけ見ると特におもしろみはない。残念。

仮面の怪盗団の後日談になるのかな?

ファントムを追い回していたシンクも、たのしいバカンスでまさか因縁の相手と会うとは思わなかっただろうに。

そして、まさかその因縁の相手が水泳大会の司会で調子乗りまくっているとは夢にも思わないだろう。

気づかないことのほうが幸せなこともあるんだよ?

 

ステージセレクトミニストーリー『魅惑のドラポ水泳大会2018』まとめ

仮面の怪盗団→魅惑のドラポ水泳大会→復刻仮面の怪盗団→魅惑のドラポ水泳大会2018

この流れの中でファントムの変貌っぷりが異常。

運営がファントム好きすぎるからこうなる。

まさか、初回の水泳大会でここまでの流れを読み切っていたのであれば、運営はじつはスゴイ奴らだったと評価を改めないといけないかもしれない。

ドラポが超長期運営を前提として設計され始めたら、あらゆるところにこの手の仕込みが入る可能性もある。

油断ならねーな、こいつら。

 

ミニストーリーの中では超竜皇級のストーリーでタワーダンジョン第2弾の示唆がある。

天上のバトルアリーナ的な感じもするので、総当たりのレイドに近い何かが控えていたりして。

 

ちなみに超竜皇級が開始する前に誤表記さんがデュエルマッチがの会場じゃないかという考察をしていた。

時間帯で予測するのは想定外。

 

ただ、結果としてはデュエルマッチ会場よりはタワーダンジョンの第2弾の可能性のほうが高そうだ。まぁ、まだどうなるかはわからないんだけど。

証拠ではないが、このタイミングでタワーダンジョンのバナーが変更になっている。

100F踏破、そして100F踏破サポートもしまくってやることがなくなってしまった猛者向けの超凶悪エンドコンテンツが発動するかもしれない!

やる気のあるドラパーは今後の運営から目を離しちゃいけないぜ!

 

そんな運営からのリツイートのお願いを満たして、みんなでドラゴンメダルを稼ぎまくろう!

コラボのスタートダッシュがよければ、運営がやる気を出してドラポがもっともっとよくなるかもしれない。

実際のところはわかんないけどね。

 

今回も最後まで読んでくれてありがとう!

Twitterでもいろいろつぶやいたり他の方と絡んだりしていますので、よろしければフォローをお願いします。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする