【ドラポブログ】SSレア(進化分岐) 弱虫ウィリー/落とし子ウィリー スキル評価【カードリスト】

ヒースです。


ドラポの第308弾SSレア『弱虫ウィリー』『落とし子ウィリー』に関して。


スペダン『ダークワールド』で実装された回復、盾スキルの進化分岐カードだ。

通常が回復スキルで反射盾、異形が見切りスキルで追加回復となる。どちらの盾を使いたいかで進化先を決めるのが良さそうだ。


ただ、異形のイラストはその造形的にかなり人を選ぶので注意が必要かもしれない。

目次

弱虫ウィリー/落とし子ウィリーのスペック

ドラポ 弱虫ウィリー 落とし子ウィリー
ドラポ 弱虫ウィリー 落とし子ウィリー

カードスペック

レアリティ:SSレア
属性:火
スキル:全体状態異常解除&回復&状態異常反射/見切り
状態異常:なし
装備コスト:35
オーブスロット:2
種族:邪神

HP:3375
攻撃力:1003
防御力:1586

親分スキル

弱虫ウィリー

メインスキル:味方全体状態異常解除&HP25%回復
サブスキル①:追加で味方全体状態異常反射1〜6
サブスキル②:役判定時に状態異常の味方ひとり毎に最低反射回数+1

落とし子ウィリー

メインスキル:味方全体見切り1
サブスキル①:追加で味方全体状態異常解除&HP20%回復
サブスキル②:スキル発動時対象が状態異常時HP回復量+30%

子分スキル

弱虫ウィリー

メインスキル:スキル威力25〜35UP
サブスキル①:追加で全バフ+1
サブスキル②:自分のステータス計+3毎に最低スキル威力+2

落とし子ウィリー

メインスキル:回復or盾30UP
サブスキル:対象が状態異常時スキル威力30〜35UPに変化

弱虫ウィリー/落とし子ウィリーの評価

ドラポ 弱虫ウィリー 落とし子ウィリー
ドラポ 弱虫ウィリー 落とし子ウィリー


弱虫はククリヒメのように複数回の反射を張れて最大6回はかなり多い。

役判定時に状態異常の人数が多ければいいので、あとから発動しても最低回数UPが保証されるのは使い勝手が良さそうだ。

ただし、予防として状態異常反射を張るときは1〜6回のランダムなので、立て直し時にこそ力を発揮しやすいカードだ。


子分スキルは無条件にしてはかなり強め。

威力UPとバフの具合はかなりいい。



落とし子は基本的には確定見切りとしての使用となるが、状態異常解除もHP回復も必ず発動するのでかなり強い。

スキル発動時点に状態異常になっていれば回復量が大幅にUPするが、基本的には威力の乗らない20%回復なので過剰な期待は禁物。

型にはまった際のリカバリー力はかなり高い。


子分スキルは回復と盾に限るが高威力UPとなる。

盾は迎撃以外は子分の威力UPの意味がないので回復用に使おう。

弱虫ウィリー/落とし子ウィリーのまとめ

ドラポ 弱虫ウィリー 落とし子ウィリー
ドラポ 弱虫ウィリー 落とし子ウィリー


進化の過程で邪神がチラついていて、人型に進化しても邪神の影は消えない。

邪神側は目玉の集合体が苦手な人は絶対NG系のイラストなので、決して異形型に進化させてはいけない。



ウィリーはイラストがかなり女の子っぽいが完全に男子。

下手な女性キャラよりもいい感じなのはすぱる氏の本領発揮といったところか。



邪神型はこのまま順当に進化すればヴーゾムファと同じようなフォルムになる。


……というか同一人物かな?

髪型も同じだし。



スキルスペック的には異形型のほうが”期待させる何か”があるのだが、このイラストを常時手元に置いておくことに若干の抵抗がある。

進化分岐もスキルだけで、イラストは双方行き来できるような仕組みになるとありがたいのだけど。


今回も最後まで読んでくれてありがとう!

Twitterでは、記事にしないような内容も含めてもっとたくさんつぶやいていますので、よろしければTwitterアカウント(@heath_bryal)のフォローもお願いします!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする