【ドラポブログ】『妖怪大蛇伝 金時山』ステージセレクトミニストーリーと、え? プ、プロローグ!?

ヒース(@heath_bryal)です。

 

2018/9/3(月)メンテ明けより第56弾スペダン『妖怪大蛇伝 金時山』が開催中。

今回は、なな、なんと! ミニストーリーに加えてプロローグが実装されました(゜o゜)

 

そう、あのフォアがメルストコラボでやっていた寸劇の枠。そこに今回のスペダンの導入部がちゃんとした物語で提示されていました。

僥倖です(^^)

 

目次

『妖怪大蛇伝 金時山』プロローグ

ドラポ 妖怪大蛇伝 金時山 プロローグ

このプロローグボタンの先には文字オンリーの”本当のプロローグ”が流れます。

ドラポ、どうした!?

 

ドラポ 妖怪大蛇伝 金時山 プロローグ

まともなバックストーリーが語られます。

まともです。まとも。

絵のひとつもないし、フォアのような『意味不明の発言を繰り返しており』的なものもない。

 

ドラポ 妖怪大蛇伝 金時山 プロローグ

この帯に向かっていくところで、今度はミニストーリーに繋がっていきます。

これはこれ、それはそれとしたがるドラポ運営も、やっぱりまともになっているんだね。

よかったよかった(^^)

 

『妖怪大蛇伝 金時山』ステージセレクトミニストーリー

ここはいつもどおり。

けど、今回は、つ、ついに三太郎が揃い踏み!

ドラポ ミニストーリー ドラポ ミニストーリー ドラポ ミニストーリー ドラポ ミニストーリー

なんだか金太郎がすっごく素直ないい子な感じですね(^^)

桃太郎はあいかわらず”俺様主義”だし、浦島太郎は桃太郎と冒険する内にたくましくなってきた感じですね。成長していますよ、彼らも。

 

ドラポ ミニストーリー ドラポ ミニストーリー ドラポ ミニストーリードラポ ミニストーリー

光の帯の影響か、浦島太郎は龍神の力が勝手に出現して暴走しかけてしまったようです。そこを橋姫に助けられて龍の力の抑え方を学びました。

桃太郎はじじいトールとの修行を終えて、鬼の力を自在に扱えるようになるなど、ふたりともかなりの進化を果たしちゃっています。

金太郎はただ相撲をとり、桃太郎に気に入られて”太郎”と呼ばれてちょっと状況が掴めていない感じがかわいいですね(^^)

 

”桃”太郎、”浦島”太郎、”金”太郎。

たしかに全員が太郎だから三太郎なんだけど、桃太郎がふたりをどちらも太郎と呼ぶのは実に紛らわしいです(^_^;)

 

今回は竜王級までのストーリーとなりますが、ヨルムンガンドはロキが”気まぐれ”で呼び出したんですね。

なんて迷惑な神……

 

この流れだと、真竜王級と超竜皇級のどちらかにロキが出て来る可能性が高いですね。

9/7(金)のMAXガチャは、スペダン関連キャラだと黒幕ロキになるけど、さすがにないかな(^_^;)

 

個人的希望では金太郎のおともだちの『くま』がいい。

くまっふぃーじゃないよ? ちゃんとした怖いくまだよ。

 

ミニストーリーまとめ

ドラポ スペダン 弱点

金太郎は今回のスペダンの超特攻になるので、選抜ガチャ中に入手してしまうと確実にラクになります。

火属性で妖怪で、火帯斬で赤盾付与。麻痺こそないもののほぼパーフェクトなキルアタッカー。

ストーリーで見える金太郎の素直で子供っぽいところが気に入ったのなら、ガチャでゲット、デッキイン、スペダンで大活躍させてあげてください(^^)

 

ちなみに、浦島太郎が活躍する『妖怪龍人伝 龍宮城』のミニストーリーも過去に取り上げています。

桃太郎が活躍する『妖怪奇岩城 鬼ヶ島』は作っていなかったようです(^_^;)

[kanren postid=”3331″]

[kanren postid=”3452″]

 

今回も最後まで読んでくれてありがとう!

Twitterでもいろいろつぶやいたり他の方と絡んだりしていますので、よろしければフォローをお願いします。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする