【ドラポブログ】新スペダン『終わらせるものRAGNAROK』攻略情報まとめ

ヒースです。


ドラポの新スペダン『終わらせるものRAGNAROK』に関する攻略情報まとめ。


前身スペダン『ニーベルングの鋼鉄竜 RAGNAROK』の続き。

タイトルのラグナロクは今回はボスではなく現象としてのラグナロク(神々の黄昏)となる。


ボスは新規に『終わらせのロキ&狂乱の雷神』となり、属性が異なるため弱点も相違している。

ドラポ 終わらせるものRAGNAROK バナー


開催期間:2019年7月1日(月)メンテ後 〜 2019年7月15日(月)11:59



ボス戦の弱点は『火』『斬』『突』『状態異常:怒り』『種族:英雄』


弱点を突けるカードが多いが、基本的に赤盾付与カードを使うのが望ましい。

永遠の戦士、冥界の女神ヘル、リコ二等兵をメインアタッカーに据えると戦いやすい。


属性的に不利だが月竜ルゥーナを入れてもいいが耐性属性なので、ラグナロクに対して使うのとは訳が違うくらいダメージが低くなるので要注意。


盾をうまく排除できるようであれば、再覚醒スサノオの火力が頭ひとつ以上飛び抜けている。

火力ベースなら覚醒シエットなどでもいいが、あまりオススメはしない。

目次

スペダン 終わらせるものRAGNAROK ミニストーリー

スペダン 終わらせるものRAGNAROK ステージ構成

道中1

ドラポ 終わらせるものRAGNAROK 道中G

道中1は以下の通り。


終焉のジーク(森)、終焉のシグルド(森)、介添竜ファフニール(水)、並行世界のヘル(水)、冥界の女王ヘル(火)、狂乱の雷神(森)いずれか2体(組み合わせ固定)

道中2

ドラポ 終わらせるものRAGNAROK 道中H

道中2は以下の通り。


終焉のジーク&シグルド(森)、ニーズヘッグ(森)、フレイヤ(水)、介添竜ファフニール(水)、冥界の女神ヘル(火)、炎の巨人スルト(火)いずれか2体(組み合わせ固定)

ボス

ドラポ 終わらせるものRAGNAROK ボスA

ボス戦は以下の通り。


終わらせのロキ&狂乱の雷神(森)1体。

弱点

『火属性』『斬スキル』『突スキル』『状態異常:怒り』『種族:英雄』

プチ攻略


終わらせのロキ&狂乱の雷神は超竜皇級に至っても難易度が低い。


超竜皇級は先制攻撃として必中盾破壊の最大割合99%ダメージ(最大HP-1のダメージ)を使用してくるため、道中2はHPを1でも減らしている状態でクリアしてはいけない。

子分にレイカを搭載する際は最大限の配慮をすること。道中2でスルト以外はどちらかが倒された際にバフとHP回復を使ってくれるので、左側に出現するスルトはロックして倒しておこう。

HPが満タンなら両方倒してもいいが、念には念を入れておいたほうがいい。


ロキは多様な攻撃をしてくるが、普通に戦っていて死ぬダメージはそうそう放ってこない。

赤盾付与をベースに戦えば解放攻撃もしてこないので、冥界の女神ヘルが完全一致特攻で強いので、それに合わせて永遠の戦士や再覚醒スサノオあたりを威力合体または複数威力化でW合体すれば難なくクリアできる。


バフデバフ差に気を付ければ、リコ二等兵もとてもよく刺さるので、命中UP補正をした上で運用しよう。

スペダン 終わらせるものRAGNAROK 限定報酬

限定DRA

介添竜ファフニール

ドラポ 介添竜ファフニール スキル

炎の巨人スルト

ドラポ 炎の巨人スルト スキル

限定装備子分

ボスドロップが2種。

ボスドロップ


死者の転輪(SSS)

子メインスキル:突30〜40UP
子サブスキル:追加で無突1(220)



英雄の双剣(SSS)

子メインスキル:親分が英雄or神時斬30〜40UP
子サブスキル①:追加で斬1(150)
子サブスキル②:攻撃対象の素早さ1奪取(20%)

スペダン 終わらせるものRAGNAROK その他

スペダン育成素材

育成素材『ザリガニ・パーティー』


以下のスキルを50%でUP(SLV4→5、5枚使用時)

火属性:突

水属性:合体

森属性:デバフ

報酬等

100万累計ポイント報酬あり。

真竜王級3ターン以内クリア限定称号ミッション報酬あり。

スペダン 終わらせるものRAGNAROK まとめ

ドラポ 終わらせるものRAGNAROK バナー


満を持して新規スペダンとして『ニーベルングの鋼鉄竜 RAGNAROK』と並行開催されたが、神々の黄昏という結構重要なイベントと、スルトという重要な役割を持つキャラクターがただ消費された感じになってしまった。


裏ボスとして真のラグナロクを登場させたり、フレイヤの兄フレイを登場させたりと、ドラポならではの扱いができたんじゃないかなぁ、というのが正直なところ。


スペダンとしては最近のものの中ではかなりの低難度。

とはいえ、それはカード資産がある程度揃っているときの話であり、揃っていない場合はギミックに対応しきれずに苦戦する、という難易度ではある。


完全一致特攻の冥界の女神ヘルや、無属性なので扱いやすい永遠の戦士が活躍するのはもちろん、盾さえうまく凌げば再覚醒スサノオの火力がとても高いので使っていい感じになっている。

破壊貫通不可の盾に対しては盾破壊アタッカーでは通用しないので、持っているなら赤盾上書きで染めたほうがいいのは間違いない。

けど、スサノオのロマン砲に近い通常ダメージはかなりの魅力だ。


斬弱点で赤盾付与、ということでGDRである月竜ルゥーナがデッキに入りやすいが、0.75倍となる耐性属性ではイマイチダメージが伸びない。

1.5倍になる火属性か1.75倍になる火帯で攻撃するのが一番いい。



今回のスペダンでニーベルングと神々の黄昏関係はおしまいっぽいので、ジーク&シグルドやファフニールを拝むなら、このスペダンを充分に堪能しておくほうがいいかもしれない。


今回も最後まで読んでくれてありがとう!

Twitterでは、記事にしないような内容も含めてもっとたくさんつぶやいていますので、よろしければTwitterアカウント(@heath_bryal)のフォローもお願いします!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする