【ドラポブログ】SSレア(進化分岐) 獺オッター/大獺カース/獺姫コツメ スキル評価【カードリスト】

ヒースです。


ドラポの第297弾SSレア『獺オッター』に関して。


アレンジ復刻スペダン『超進化の野獣』由来で実装された爪アタッカー。

全体盾破壊攻撃の『大獺カース』か、単体赤盾or盾破壊を選べる『獺姫コツメ』に進化分岐が可能。


絵面で選んでもいいけど、本来の獣人たちと同じように元となる幼体のまま戦い続けることはできない(できるけど旧DRAレベル)

目次

獺オッターの評価

ドラポ 獺オッター スキル


まずは進化元の獺オッターのスクショを撮ったので載せておくだけ。

スキル内容は大獺カースと同じ。


このイラストを進化分岐で選べる3分岐だったら良かったと思う。

大獺カースのスペック

ドラポ 大獺カース カードリスト

カードスペック

レアリティ:SSレア
属性:水
スキル:盾破壊付き敵全体爪
状態異常:なし
装備コスト:35
オーブスロット:1
種族:なし

HP:2764
攻撃力:1664
防御力:1537

親分スキル

メインスキル:盾破壊付き敵全体爪1〜3(100)
サブスキル①:役判定時に自己HP100%時最低攻撃回数+1(2〜3回)
サブスキル②:役判定時さらに味方全体HPが100%時水帯

子分スキル

メインスキル:33%で3回複数化
サブスキル①:役内水属性2枚時37%に変化
サブスキル②:役内水属性3枚以上時40%に変化

大獺カースの評価

ドラポ 大獺カース スキル


敵全体に盾破壊で爪100を1〜3回攻撃、役判定時の攻撃回数UPなので、コロシアムやデュエルマッチなら1ターン目は絶対に2〜3回攻撃になる。

2ターン目以降はHPをどれだけ100%に寄せられるか。


水帯はそこまで重視しないでもいいので、自分のHPを100%で維持しておきたい。


子分スキルは合体回避。

33%で3回化だが、最大でも40%なので普通に使いづらい。

覚醒ロキみたいな2回または3回の2重判定じゃないと、合体は吸うものと思ったほうがいい。

獺姫コツメのスペック

ドラポ 獺姫コツメ カードリスト

カードスペック

レアリティ:SSレア
属性:水
スキル:爪
状態異常:なし
装備コスト:35
オーブスロット:1
種族:なし

HP:2764
攻撃力:1664
防御力:1537

親分スキル

メインスキル:爪4(100)&赤盾(50%)
サブスキル:敵ターゲット時盾破壊付き水帯爪4(100)に変化

子分スキル

メインスキル:爪35UP
サブスキル:自分または攻撃対象のHPが100%時スキル威力+3(38)

獺姫コツメの評価

ドラポ 獺姫コツメ スキル


ノンターゲットで赤盾、ターゲットで盾破壊水帯を選べる。


盾破壊有無や赤盾有無のスキル変化は多かったけど、赤盾or盾破壊はなかなか珍しい。

このスキルなら、破壊貫通不可も上書き不可も両方対応できるので理想的なスキルだ。


子分スキルは爪35UPだが、HP満タンを維持できれば38UPになるので普通よりいいスキル。

獺オッター/大獺カース/獺姫コツメのまとめ


超獣がガチャで実装。


ボスをカード化できるのがスペダン『超進化の野獣』の醍醐味だが、誘惑は効かないので体力を維持しながらカード化を粘るという怪盗の盗品、オーディンの使い魔、ハロウィンタウン的な戦い方が必要となる。

誘惑が入ればカード化が簡単になりすぎるから、元々入らない仕様。


もっとも、高難度ともなると苛烈な攻撃を仕掛けてくるボス戦でカード化を打ち続けるのは苦しい。

アレンジスペダンになることでカード化要素がなくなるのならそれもまたあり。

その場合は、ドロップやポイントで交換などでDRAを入手できるようになっていればまだいい。ちなみに回数は無制限を大前提としておきたい。


獺オッターは盾破壊スキルを持っているが、全体攻撃であることからボスが3体ゾロゾロっと並んで全体攻撃が強い! となる可能性はある。


もしスペダン向きじゃなくてもコロシアムやデュエルマッチでは使えそうなので、活躍の場がしっかりと用意されているならマシなほうだろう。


今回も最後まで読んでくれてありがとう!

Twitterでは、記事にしないような内容も含めてもっとたくさんつぶやいていますので、よろしければTwitterアカウント(@heath_bryal)のフォローもお願いします!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする