【ドラポブログ】復刻スペダン『おかしなメイドとヘンゼルとグレーテル』高難度まとめ【真竜王級〜超竜皇級】

ヒースです。


ドラポの復刻スペダン『おかしなメイドとヘンゼルとグレーテル』の高難度に関して。


真竜王級は竜王級を難しくしただけなので、ある意味イージーゲーム。


ところが一転して超竜皇級は歴代でもトップに並ぶくらいの超々難度。

黒ずきんと白ずきんのとんでもなく激しい攻撃に対処するために、回復、デバフ、盾破壊または盾解除、暗闇、軽減盾を駆使しよう。


そう、1ターンでたくさんやることがあるから、カード資産がないときの絶望感は想像以上だよ。

目次

おかしなメイドとヘンゼルとグレーテル 高難度 開催期間

ドラポ おかしなメイドとヘンゼルとグレーテル バナー

開催期間:2019年9月6日(金)から9月16日(月)11:59まで

おかしなメイドとヘンゼルとグレーテル 高難度 ミニストーリー


一般人(ドラパー)が入り込めなくなったので、もう復刻はなし。


次に赤白黒ずきんが登場するのは、道中に登場してボスと共闘する別のスペダンだろう。

ヘングレもずきんズに付いてきているので、おかしの家はフランクマとコフランクマが守っていくのだろう。

おかしなメイドとヘンゼルとグレーテル 高難度 ステージ構成

道中1(真&超共通)

ドラポ おかしなメイドとヘンゼルとグレーテル 道中1

EXP:4500/6000

ヘングレと赤ずきんちゃんの組み合わせ。


片方を倒しても逃げないが、2ターン目だとデバフを撒きながら撤退していく。

超竜皇級はここでHPをちゃんと回復しておかないと次の中ボス戦で死ぬという罠がある。

道中2(真竜王級)

ドラポ おかしなメイドとヘンゼルとグレーテル 道中2

EXP:4500

吸血ウサギとキツネ男の組み合わせ。


竜王級までと同じなので、クマ相手には盾がNG、ずきん相手にはバフがNGだ。

ボス戦(真竜王級)

特攻:水属性、咬、暗闇

EXP:15000


ボスは以下のいずれか。

フランクマシュタイン
コフランクマ
白ずきんちゃん
おかしなメイドの黒ずきんちゃん


竜王級までと同じなので、盾を張るのもNG、クマにデバフもNG。ずきんちゃんズには自己バフが禁止、赤盾も禁止。

暗闇付与が安定的にできていればまだなんとかなる。


ずきんちゃんズを倒すとポイントが1.5倍になって限定装備のドロップ率もアップする。

今回、ローブはかなりドロップしやすい。

道中2中ボス(超竜皇級)

ドラポ おかしなメイドとヘンゼルとグレーテル 中ボス

EXP:8750

フランクマシュタインとコフランクマの組み合わせ。

弱点は『水属性』『咬』『暗闇』


普通にボス戦なので容赦なくプレイヤーを殺しに来る。

暗闇付与とデバフと軽減盾があるといい。ただし、デバフは毎回フルバフ反転されるので一時しのぎにしかならない。暗闇と軽減盾で凌ぎつつ、盾破壊水咬で1体ずつ削っていくしかない。


ちなみにここでうっかり盾が残ると、ボス戦のずきんちゃんズにぶち殺されるので、なるべくHP満タンの盾なしで挑むようにしておきたい。

できればステータスもデバフ域になるように、デッキ内にバフカードやバフ子分は入れないでおこう。

素早さの差で攻撃を外しやすいので、必中カードまたはチャンティコ子分で必中化しておくと安心できる。


役が弱かったり合体スキルが弱くでもダメージが伸びないので、火力は高めでデッキを組んでおこう。

ボス(超竜皇級)

ドラポ おかしなメイドとヘンゼルとグレーテル ボス

EXP:8750

おかしなメイドの黒ずきんちゃんと白ずきんちゃんの組み合わせ。


HPが減っていたり軽減が甘いと先制攻撃で死ぬ可能性あり。

その後も毎ターンのようにふたりともが殺しにかかってくるので、ちょっとでも手順をミスると壊滅する。


必要なのは、HP全快(少なくとも9割は欲しい)、盾破壊、全力デバフ、軽減盾(ダクネス、女帝、エルヴン・メイジ)、暗闇、咬アタッカー&威力合体or複数威力化。

軽減盾はダクネスがかなり強い。軽減率が高くスキル発動時にHP回復もある。黒ずきんと白ずきんの両方から凶悪な多段攻撃が飛んでくるので、そのすべてを抑えられるターン軽減がメチャクチャ活きる珍しいダンジョンになっている。

エルヴン・メイジは軽減率が低いので、できれば軽減は高いほうがいい。

赤盾で上書きされる攻撃もあるので、デバフが効いていないとなんだかんだやられることもある。


チャージ攻撃は暗闇でキャンセルできるが、2回やるとカウンターが飛んでくる。なので一気に底に沈める合体スキルを吸う盾破壊デバフが欲しい。


役内のスキルが噛み合わないと簡単に死ぬ難易度なので、まずデッキ構築が大事。それからプレイング。

フラッシュも意図的に組んで、とにかく態勢を整えることが必要。

チャージ2を暗闇で解除できないと死ぬので、暗闇が切れたらそれはそれで終わる。なのにカウンターもあるし、白黒同時に暗闇にするのも良くない。


まぁ、純粋にかなり難しく、最強クラスの難易度で調整されているので、クリアできなくても仕方がないと思う。

おかしなメイドとヘンゼルとグレーテル 高難度 報酬

真竜王級3ターンクリアミッション報酬

ドラポ おかしなメイドとヘンゼルとグレーテル 真竜王級 ミッション報酬


1回目なら称号『おかしな森の番人』を入手できるが、2回目なら『ひたりのアレ』のみ。


うまくハマれば3ターンクリアは充分可能。

超竜皇級初回クリアミッション報酬

ドラポ おかしなメイドとヘンゼルとグレーテル 超竜皇級 クリア称号


超竜皇級をクリアさえすれば限定称号がもらえる。


そもそもクリア自体が超々難度なので、このミッション称号は入手そのものが難しい。

デッキがある程度整っていて、カードの数字がいいバランスで配置されていて、各人の手札にちょうどいいカードが配分されて、絶発やW合体が頻繁に打てれば勝てる。


あとはコンテニューによるゾンビアタック。

ただし、3回までの奥の手なので、今回は中ボスとかで無駄にコンティニューしないように気をつけよう。

おかしなメイドとヘンゼルとグレーテル 高難度 まとめ

ドラポ おかしなメイドとヘンゼルとグレーテル バナー


アレも駄目、コレも駄目。


それがスペダンヘングレの特徴だが、超竜皇級はさらにアレもやれ、コレもやれ、しかも同時にやれと来たもんだ。

こういう激しい攻撃やバフやデバフを無駄にするボスは2体同時に出しちゃダメ。



1体で登場してもかなり強いのに、2体同時だと状態異常付与や盾付与やデバフ付与の絶妙な確率コントロール次第で予想外に死んだりするので、補助にも合体を吸わせつつもちろん攻撃にも合体を吸わせないといけないので長期戦になりやすい。

その長期戦も役やスキルが整わないと叶わないので、結構な運も求められる。


プレイヤースキルやデッキ構築でどうにかなる領域を超える場合は、コロシアムとかで良く見かける絶対に役を崩さないプレイングが必須だ。

役が崩れなければW合体は打ち続けられる。そうすればシャッフルでカードを引き寄せるプレイができる。

これが役が崩れるとあっという間にSPが枯渇する。だから、『絶対に役が崩れないプレイング』が必要になる。


そのためには、適切なカード数値の配置、適切な手札配分、適切なシャッフル運のいずれもが必要になる。

だって、いくら4カード以上の役だったとしても補助カードばかりではクリアできない。アタッカーがいくら場に出ても合体スキルが出なければボスは削れない。



もう1回言っておこう。

適切なデッキ編成、潤沢なカード資産、数字の配置が絶妙、手札に常にいいカードが来る、仮に来なくてもシャッフルで絶対に寄る、役が崩れない。

これらの条件をいつでも満たせるプレイングスキルがあればクリアは余裕だ。



いずれか1個でも欠けると、急に苦戦するのは言うまでもない。

プレイヤーが対処できるのはカード資産とデッキ構築まで。あとはそれなりに運が必要となる。

そこをプレイングスキルでなんとかできる、という人はいわゆる『ヒキの強い人』であることを自覚したほうがいいかも。


世の中には運というものに見放されているんじゃないかというほど、来て欲しいときに来て欲しいことが起こらないという属性の人もいるのだから。


今回も最後まで読んでくれてありがとう!

Twitterでは、記事にしないような内容も含めてもっとたくさんつぶやいていますので、よろしければTwitterアカウント(@heath_bryal)のフォローもお願いします!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする