【ドラポブログ】スペダン『Gamblers』攻略情報まとめ【簡易版】

ヒースです。


ドラポの新スペダン『Gamblers』に関しての攻略情報まとめ簡易版。
(といっても一部に画像がないとかいう程度)


なかなかうまく時間が取れないので、簡易版、本ちゃん、高難易度版と3個更新するかもしれないし、しないかもしれない。

そもそもの難易度が高難度の今回は、初級から竜級ですら調整ミスの高難度、かつ神級以上も普段より2ランクほど高いイメージ。


竜王級で、2ターンキルに失敗すると超竜皇級のカウンターを喰らうのは、まさにギャンブルだと言えよう。


開催期間:2019年4月15日(月)メンテ後 〜 2019年4月29日(月)11:59



Gamblersが終われば平成も終わる。

平成最後のスペダンは、ドラポ内でも一、二を争う高難度となった。


弱点特効は水属性、打スキル、状態異常の混乱となる。

ボスは竜王級までの全難易度で2体構成で、ポーカー・アリーチェとミスター・ジョーカーが並ぶ。


神級以上では解放攻撃がとても痛く、混乱を付与して被ダメージ量を減らさない限り、神級ですら全滅は容易だ。


今回の攻略はとてもシンプル。


『殺られる前に殺れ』


プッシュに次ぐプッシュ。倍プッシュだ!

目次

スペダン Gamblers ミニストーリー


文無しの名無しの若者が行き倒れる直前に『ギャンブラー・バー』のマスターであるアリーチェに拾われる。


シェリーによりギャンブラーと名付けられた青年はジョーカーの運営するカジノで連戦連敗、借金まみれになる。


裏の顔を持つジョーカーにいいようにカモられるギャンブラーは、やがてジョーカーが開催するビッグゲームの話を耳にする。


ビッグゲームにはアリーチェも参加した。ただ、彼女が気にしていたのは、仕込み育ててきたギャンブラーが花開くところだ。

ジョーカーはアリーチェとの対戦をたのしみにしていたが、我らドラパー&ギャンブラー、そして捜査官ベルモットによりその悪事を暴かれて窮地に立たされることになる。


裏の顔を暴かれたジョーカーは、いよいよカジノの存続のため手段を選ばず、ドラパーやギャンブラー、ベルモットたちを亡き者にしようとするのだが、それは今ではない未来であり過去の話だ。

スペダン Gamblers ステージ構成

道中1

ステージ1はヤング・ギャンブラー(森)1体とクレイジー・ゴリラ(森)、捜査官ベルモット(森)、ドレス・シェリー(火)、ミストレス(水)のいずれか1体の2体。


どちらかを倒すと、残ったほうはバフを張って立ち去っていく。

経験値がほしいなら、両方とも殴り倒そう。

道中2


ステージ2はヤング・ギャンブラー(森)、クレイジー・ゴリラ(森)、捜査官ベルモット(森)、ドレス・シェリー(火)、バニー・ライア(水)、ミズ・バニー(火)のいずれか2体。


ここもどちらかを倒すとどちらかがバフを張って立ち去っていく。

ステージ1、2ともに組み合わせが決まっていて、その組み合わせで会話イベントが毎ターン行われる。

どちらかだけを倒した際にも専用のセリフがあるので、興味があればスペダン開催期間中に全組み合わせでセリフが尽きるまで倒さずに長期戦でバックグラウンドを堪能してみよう。

ボス

ドラポ Gamblers ボス


ポーカー・アリーチェ(火)とミスター・ジョーカー(火)の2体。


鬼級以上で先制攻撃が行われ、1番手のジョーカーの攻撃で盾が破壊される。

また神級以上のアリーチェの持続デバフは必中になっているっぽいので、持続スキルもキャンセルされる。


ただ、バフ値はそこまで値引かれないので、ステージ2まででフルバフにしておくと戦いやすい。



攻略法は先述の通り先手必勝。


先制攻撃では盾を張らず、こちらの攻撃が水打や強水であれば1ターン目も盾を張らない。

混乱や赤盾を付与すると、鉄壁を張ってくる(?)

さらに高難度では破壊貫通不可の鉄壁も使用する。そうなれば盾破壊ではダメージが通らず、赤盾での上書きをしないといけなくなる。



神級からチャージ後の解放攻撃は即死級。

それも、途中で混乱でズラさない限りはふたりとも同じターンで即死級の解放攻撃をしてくる。

つまり、絶対に死ぬ。


回避方法はシンプルに混乱付与。

ただしキャンセルされるのはあくまで解放攻撃。

いやらしいことに、混乱を解除しつつ特大ダメージの攻撃は引き続き実行する。

こちらの2発を耐えられないと結局死ぬ。



逆に、ボスのふたりはどちらかを倒せば自爆して戦闘勝利になる。

どっちを狙ってもいいのだが、どっちを狙うかが決まっていないと結局攻撃が分散して戦闘ターンが長くなって解放に耐えられずに死ぬ。


しかもジョーカーは麻痺、アリーチェは怒りを付与してくる。

ここまで来ると運勝負に加速がかかる。さすがビッグゲームだ。



2ターン目までの優勢ターンで、W合体以上の強水か水打をぶちかましてしまうのがとても簡単な攻略となる。


パーティー全体で調整が完了しているようであれば、フルバフ覚醒リーゼを中心とした、水フラッシュで大ダメージを狙う方法もある。

その場合は水属性にシェヘラザードを入れておくことで火力が大幅に増す。


リーゼがリーゼを強化するので、どうしても苦戦するようであれば一発勝負で狙ってみてもいいかもしれない。

ただし2回目になるが『パーティー全体で調整が完了している』ことが前提だ。


野良では絶対に成立せず、ただの弱フラッシュになる。

スペダン Gamblers 限定報酬

限定DRA


ジョーカーチームから、以下2体が交換可能。


クレイジー・ゴリラ

ミズ・バニー

限定装備子分


ジョーカーの銃口(SSS)

子:打30〜40UP、攻撃対象が火属性時35〜40UP&早デバフ1(50%)


ギャンブルの実弾(SSS)

子:親分が森かつデバフ時スキル威力20〜30UP、子分すべて森時被状態異常軽減率+1%


ギャンブルの世界では勝負で必要なお金のことを実弾という。なので、ギャンブルの実弾とは現金のこと。

こいつがなけりゃ勝負が始まらねーぜ。


ちなみに育成素材の現ナマも現金のこと。

さすがGamblersだけあって、妙に生々しい。

スペダン Gamblers その他

スペダン育成素材

育成素材『現ナマ』


以下のスキルを50%でUP(SLV4→5、5枚使用時)

火属性:バフ

水属性:打

森属性:デバフ

報酬等

100万累計ポイント報酬あり。

スペダン Gamblers まとめ

ドラポ Gamblers バナー


異様に(ヤング)ギャンブラーが猛プッシュされるスペダン。


各難易度のフレーバーテキストにもその影が見えていて、ギャンブラーのそれぞれの表情が異なっているので、あとでアイコン化した際にギャンブラーファンは使い分けが可能となるありがたい予兆となっている。


また、仮面の怪盗団との類似性もあり、ギャンブラー、ファントム、マンモンあたりに繋がる何かがバックグラウンドとして用意されている。

もちろん明示はしていないので、どう感じるかはプレイヤー次第だ。



近年では最強に近い難易度を持っているので、真竜王級や超竜皇級の難易度が心配になる。

クリアできるのに人を選ぶ可能性は極めて高く、ポーカー・アリーチェが2枚いないと成立しない、破壊不可盾を上書きした上で混乱状態にするという凶悪予防接種が張られるという罠もないとも限らない。

デバフ盾破壊では破壊貫通不可予防接種に防がるので、毎ターン赤盾付与、その後に混乱付与、しかもアリーチェとジョーカーの両方に、となればクリアできる気がしてこなくても仕方ない。


アリーチェで水属性が埋められていれば、先発がノンターゲット、後発がターゲットにすることで盾を消し去り混乱にもできる。

普通に威力合体が伴っていれば、火力でねじ伏せることも可能。



これが真の完全一致特攻のあるべき姿であり、最強難易度の超竜皇級のあるべき姿なのかもしれない。



ただ、そんな仕様で実装してきたら、間違いなく”プレイしない”選択を取る。

ストレス仕様をたのしむことはもうできないので、そういうのが好きな人がたのしめればそれでいいと思う。


全員が気持ちよくプレイできる調整なんて存在しない。

難しいか、それとも簡単か。


周回したいなら竜王級までを周回すればよく、超竜皇級を何回もプレイするのは相当ドラポを深くたのしんでいる人たちだけの特権だ。


クリアできないからといって、運営に対して簡単に調整してもらうのではなく、自分が強くなるか強い人と組むか、そうでなければ実力不足とあきらめるのがいいんじゃないだろうか。


今回も最後まで読んでくれてありがとう!

Twitterでは、記事にしないような内容も含めてもっとたくさんつぶやいていますので、よろしければTwitterアカウント(@heath_bryal)のフォローもお願いします!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする