【ドラポブログ】新スペダン『灼熱のドラポトライアスロン』(真竜王級・超竜皇級)攻略情報まとめ

ヒースです。


ドラポの新スペダン『灼熱のドラポトライアスロン』の高難度(真竜王級・超竜皇級)に関する攻略情報まとめ。


スペダン構成に変化がなかったので、スクショを取らなかったので簡易版でお送りします。

ドラポ 灼熱のドラポトライアスロン バナー

真竜王級・超竜皇級
開催期間:2019年7月26日(金)メンテ後 〜 2019年8月5日(月)11:59



ボス戦の弱点は『火』『打』『状態異常:誘惑』


誘惑はチャージ攻撃(解放)のキャンセルで使用する。

超竜皇級は赤盾付与と解放攻撃が重なるので、3ターン目に誘惑付与に失敗するとやられる。


真竜王級までは反射盾でいいが、超竜皇級のみしっかりと見切り状態でボス戦に到達できるようにデッキを組み上げ、2戦目までに全員を見切り状態にしておこう。

目次

スペダン 灼熱のドラポトライアスロン 真竜王級・超竜皇級 ミニストーリー


怪盗ファントムとマンモンのコンビによる欲望優勝決定戦が行われる。

ヤング・ギャンブラー、魔法少女ラン、ヴーゾムファ、ゴリ美、ソフィアがそれぞれ願いを叶えるために『悪魔の赤い微笑み』に願いをかける。

一番想いの強い者の翼部が叶う。強欲であればあるほど強い想いとなる。

その想いは周囲の者の想いも重ね合わせることができる。


さぁ、ドラパーも彼・彼女らの強欲な願いを叶えるために想いを重ねよう。

ドラポ 灼熱のドラポトライアスロン 強欲のアンケート バナー
ドラポ 灼熱のドラポトライアスロン 強欲のアンケート バナードラポ 灼熱のドラポトライアスロン 強欲のアンケート バナー

スペダン 灼熱のドラポトライアスロン 真竜王級・超竜皇級 ステージ構成

道中1

道中1は以下の通り。


ヴーゾムファ(旧支配者組)(火)&灼熱のギャンブラー(森)
ツァトゥグァ(旧支配者組)(火)&ヒポ子(すっぴん)(水)
クトゥグァ(旧支配者組)(火)&灼熱のアリーチェ(森)
有閑のソフィア(火)&常夏のラン(水)
有閑のナオミ(火)&灼熱のジョーカー(森)
常夏のカンナ(水)&灼熱のギャンブラー(森)

道中2

道中2は以下の通り。


マンドリ江(すっぴん)(火)&灼熱のジョーカー(森)
有閑のカオル(火)&灼熱のアリーチェ(森)
灼熱のギャンブラー(森)&有閑のソフィア(火)
常夏のスミレ(水)&ゴリ美(すっぴん)(森)
ヴーゾムファ(旧支配者組)(火)&常夏のユリ(水)
常夏のカンナ(水)&マンドリ江(すっぴん)(火)

ボス

ボス戦は以下の通り。


灼熱のギャンブラーズ(森)
ワーニング娘。(旧支配者組)(森)
常夏のマジカル・ガールズ(森)
有閑のスパイ・エンジェルズ(森)


いずれのボスも形態変化なので属性はすべて森。出現パターンはひとつで必ず灼熱のギャンブラーズからスタートする。その後の形態変化はランダム。

弱点

『火属性』『打スキル』『状態異常:誘惑』

プチ攻略


真竜王級は竜王級までと攻略は変わらない。

ちょっとダメージ量が多くなっているものの、それだけだ。


火打の強カードに威力合体か複数威力化を重ね、サクサクっとボスを倒して称号をGetしてしまおう。

盾を張られることも少ないので、ワーニング娘。旧支配者組か覚醒チェルシーを使えばメチャクチャ簡単にクリアできる。



超竜皇級は打って変わってこれまでの戦い方では開幕運が必要になる。

安定して倒すには、ボス戦突入時に見切り状態にしておくのが望ましい。

可能であれば1ターン目以降も見切りを張り続けるのがなお望ましい。この状態であればそうそうやられはしない。


3ターン目までに誘惑状態にできない場合は、赤盾と解放攻撃のコンボであっさりと死ぬので、誘惑アタックも漏れずに行っておこう。

見切りにしておけば回復にかける行動を減らせるので、その分誘惑にできる可能性も増す。


繰り返しになるが、超竜皇級の攻略のコツは『見切り』『誘惑』だ。

あとはタイミングを合わせていつもどおり威力合体か複数威力化に強めの火打を重ねるだけでクリア可能となる。


ボスが1体で単発攻撃があるので、超竜皇級の難易度としてはとても優しい部類になる。

ちゃんとしたデッキであれば充分周回も可能だ。

スペダン 灼熱のドラポトライアスロン 真竜王級・超竜皇級 その他

報酬等

真竜王級3ターンクリア限定称号ミッションあり。

スペダン 灼熱のドラポトライアスロン 真竜王級・超竜皇級 まとめ

ドラポ 灼熱のドラポトライアスロン バナー


難易度が低めの高難度なので、クリアそのものは決して難しくはない。

ただ、見切りと誘惑を使えるカードが不十分であればあるほど事故が起こりやすい。

持っているカードと場の状況、味方のカードを把握して誘惑が必要なターンは必ず誘惑にし、見切りをなるべく維持する戦い方ができれば超竜皇級でもクリアできる。


限定装備があまり強くないので周回の必要性は薄いが、高難度の難易度が低いときはポイントのために周回を重ねておくと育成がスムーズになる。


今回も最後まで読んでくれてありがとう!

Twitterでは、記事にしないような内容も含めてもっとたくさんつぶやいていますので、よろしければTwitterアカウント(@heath_bryal)のフォローもお願いします!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする