【ドラポブログ】『ドラポ忘年会2018熱闘対決』は周回しやすい

ヒースです。


ドラポのここのところ年末でお馴染みとなりつつある、忘年会ダンジョンの復刻スペダン『ドラポ忘年会2018熱闘対決』について。


2017年まではボスの復活、W解放などとんでもない仕様でプレイヤーを恐怖のどん底に叩き落したボス勢も2018では新仕様となりまったりおとなしくなった。


猛威を振るったリュミエルとサキュバスは二軍落ちとなり、道中のザコに成り下がった。

ボスである酩酊トールも今回は温泉での我慢比べの役割である『熱湯トール』と名前を変えて登場し、我々ドラパーは2体のボス同士の対決にただただ巻き込まれるばかりである。


目次

ドラポ忘年会2018熱湯対決 ステージ構成

道中1

道中2

ボス

ボスとなる『熱湯トール』と、左側に出る『湯あたり黒ずきん』か『足休めベルモット』のいずれか片方を倒すとステージクリア。


中途半端に片方ずつHPを残すと一気にグダグダ、または場合によっては倒されてしまう。

戦うときはほぼトールをタップして火打を威力合体をぷっぱする戦術となる。

別にアタッカー次第では黒ずきんちゃんくんやベルモを狙ってもいい。

強睡眠持ちの場合は倍率の問題でトールを狙うよりも効率的に撃破が可能になる場合も多々ある。


とにかくタップ&タップ。

ノータップはEXPがほしいときと面倒なとき以外はノーサンキュー。


ドラポ忘年会2018熱闘対決 報酬

熱湯トール

ドラポ コスチューム進化 トール

ただしくは報酬ではないが、今回のボスである『熱湯トール』の入手手段はなく、トールをコスチューム進化させることで姿形の入手は可能だ。

もちろんコスチュームが変わっているだけなので、中身は通常トールそのものになる。


その他のDRA

非難轟々だった2017年の追加ボスの入手手段から打って変わり、2018年のボスの入手はある意味イージーゲームだ。

忘年会2017では2戦目に登場する『極楽ヒューゴ』『飲兵衛デュラン』『湯上がりファフニール』をそれぞれ10回撃破での入手が条件だった。

これがまた出ない出ない。偏る偏る。


ギリギリまで回し、なお入手できなかった人もいたのではないか?


今回はボスの登場や撃破に関わらず、忘年会2018を全難易度共通でクリア数10回毎に最大50回までのミッション報酬としてDRA5体がもらえる。

10回 極楽ヒューゴ
20回 飲兵衛デュラン
30回 湯上がりファフニール
40回 熊っ子仲居フランクマ
50回 前陣速攻ジークフリート


限定装備もたくさんあるので、周回はしやすいほうだろう。


酩酊トール&宴会用たすき

ドラポ忘年会の肝は、酩酊トールの入手と宴会用たすきSSSのセットを完成させることが。

酩酊トールは最大2枚まで所持できるので、0〜1枚の人はデュエルメダル交換所で手に入れておこう。


宴会用たすきはSSSとして酩酊トールと同時に装備すると確定で合体回避ができる。

デュランマターと異なり、2枠で済むので1枠に補助カードや威力UPを積み込むことができる。

2セットあれば運用の幅も広がるので、50回クリアミッションを達成するついでにたすきを2セット完成させておこう。


ドラポ忘年会2018熱闘対決 まとめ

ドラポ ドラポの忘年会2018熱闘対決 バナー

難易度は比較的簡単になっているので、真竜王級も超竜皇級もそこまで難しくならないパターンかもしれない。

ただ、旧仕様の旧真竜王級が難しく面倒であることもまず間違いない。


ボスの復活、解放の連打。

嫌な残り方をしている場合は、パスもやむなしと考えておいていいかもしれない。



今回も最後まで読んでくれてありがとう!

Twitterでは、記事にしないような内容も含めてもっとたくさんつぶやいていますので、よろしければTwitterアカウント(@heath_bryal)のフォローもお願いします!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする