【ドラポブログ】復刻スペダン向け選抜ガチャ。温泉黒ずきん入り。

ヒースです。

12月10日(月)23:59までのスペダン選抜ガチャに関して。

12月の年末まで排出される限定新SSカード2枚『湯あたり黒ずきん』『足休めベルモット』を含む、限定カード6枚すべての入手可能性がある豪華選抜となっている。


火属性と森属性の6枚はすべてがスペダン『ドラポ忘年会』に関わるキャラとなる。

泥酔リュミエルや酒色サキュバスが活躍したので覚えている人も多いことだろう。


福袋に回す石を回収する気満々のドラポ運営に対し、全力で竜石を投入するもよし、福袋に回すもよし。

資金に余裕があれば、ここ最近の選抜ガチャや限定確定ガチャは優秀なので、惜しみなくすべてに石を投じてもいいんじゃないかとさえ思える。


目次

火属性選抜

ドラポ 火選抜

泥酔リュミエル、湯あたり黒ずきん、酒色サキュバスの3体。

すべて特攻の打アタッカーであり、状態異常持ち。

過去2回でリュミエル、サキュバスと活躍しているので、黒ずきんちゃんくんが活躍する可能性は高め?


泥酔リュミエル

親:打2&確率怒り&確率赤盾、対象の嶄HPが少ないほど怒り&赤盾付与率UP
子:打35UP、自分か対象が怒り時威力40UP

怒りにしつつ赤盾も貼れるので、酩酊トールを殴るもよし、右側の火森女子を殴るもよし。



酒色サキュバス

親:無打3&確率睡眠、対象が睡眠時弱点帯&強睡眠
子:打35UP、対象が状態異常時33%で全ステータス1奪取、親分が女の子以外時威力35〜40UP

無属性のアタッカーなので、どのボスにも等倍のダメージを与える。

睡眠が効いているときは確定で弱点を帯びるので、ドラポ忘年会ではどの相手に対しても有効なアタッカーであり、弱点が睡眠の女子に対してはキラーカードとなる。

水属性選抜

ドラポ 水選抜

ウィザード、クイーン・レディ、乙姫の3枚。

新カードゼロなので不足している場合の補充にはいい。

ラインナップそのものは3体ともに使えるシーンが多いので、竜石に余裕があってデッキが物足りない場合は積極的に引いてもいい。


ウィザード

親:威力合体、合体したカードが奇数時2回化、経過ターンが多いほど威力UP
子:合体スキル20〜30UP、自己ステータス計が±3毎に威力+2%


合体対象が奇数のときの2回化の威力合体が強力。

経過ターンでの威力UPも倍率が高めなので、戦闘が長引くほど強力な支援効果を得られる。


子分スキルは自己バフが多いほど倍率が高くなるので、バフを維持しやすいボス戦では常時30UPも狙える。



クイーン・レディ

親:味方全体HP回復、対象のステータスのいずれかが減少時確率で味方全体のデバフ反転、役判定時の味方全体ステータス計が低いほど回復量と反転確率UP
子:親分がロボット時威力20〜30UP、自分含む役内ロボット数✕2%最低威力UP


デバフを多用するボスでは必須のスキル。

ひとつでもステータスにマイナスがあれば、ひとりずつ反転判定をおこなうので5人が状態異常であれば高確率でデバフがバフに変換される。

ボスが大デバフで一気にデバフの底に沈めてくるケースでは、バフで上昇値を増やすのではなく、反転効果を使用しないとリカバリーが間に合わない。


デバフを使うボスはほぼ全部なので、活躍シーンは想像以上に多い。



乙姫

親:盾破壊付き弱点帯強属性3、盾破壊時必中&威力UP
子:強水30〜40UP、2ターン経過毎に最低威力2%UP(最大40%)


盾破壊がある万能属性なので、どのボスに対しても一定のダメージが期待できる。

ただし、強属性の弱点として攻デバフと防バフ差、攻撃力と防御力の差の影響が大きい。

デバフの激しいボス相手には、ちゃんと特効カードを使ったほうがいいので、無理に乙姫ばかり使うことのないよう注意が必要だ。


乙姫に関する専用のページを用意してあるので、詳しくはそちらを参考にしてほしい。
[kanren2 postid=”6259″]


森属性選抜

ドラポ 森選抜

酒豪アフロディーテ、足休めベルモット、大虎ケットシーの3体。

火属性と同じく限定カードのみがラインナップされているので、一昨年、去年と入手できなかった場合は大チャンスの選抜となる。

基本的にドラポ忘年会は酩酊トールがボスの扱いのため、森属性はアタッカーではなくサポーターで構成されているが、新カードのベルモットだけはスペダン適応のアタッカーとなっているので、ますます狙いやすい状態だ。


酒豪アフロディーテ

親:敵全体確率睡眠&確率持続デバフ、3ターンの間ターン終了時に攻デバフ2、対象が睡眠時持続付与率UP&持続効果発動時攻デバフ3
子:スキル威力20UP、自分が状態異常時威力25〜30UP

持続アイコンだがメインスキルは全体睡眠。

合体スキルを乗せることで睡眠の威力が高くなるが、弱睡眠なので起きやすいことには変わりない。

持続デバフは付与時に確率で判定があり、発動毎に効くかどうかの判定が入るのがネック。放っておいて毎ターン3段階の攻デバフはインパクトがある。


足休めベルモット

親:敵全体打2&確率怒り、ターゲット時単体3&確率睡眠
子:親分が森属性かつ攻撃スキル時威力30〜40UP、自分含む役内女の子数✕2%最低威力UP

ノータップ全体攻撃怒り付与、タップ単体3回攻撃睡眠付与という使い分けができる稀有なカード。

コロシアムでは問答無用で全体打2&怒り付与で確定だが、複数コロシアムではかなり有用。

スペダンではタップノータップで火力も状態異常も変わるので、うっかりの操作ミスにはかなり弱いカードだ。

足休めベルモットに関する専用ページを用意したので、詳細はそちらを確認してほしい。
[kanren postid=”5379″]


大虎ケットシー

親:味方全体状態異常解除、自己持続バフ、3ターンの間確率味方全体攻バフ1〜2、持続効果発動時対象が非状態異常時反射盾付与、攻バフが高いほど反射回数UP
子:親分が攻撃スキル時威力0〜60UP

メインスキルは状態異常解除のため、合体回避必須。

攻バフの持続は100%発動ではないため、過信は禁物。反射盾は確定発動なので、状態異常ではなく攻バフが高い場合は回数の多い反射を毎ターン張り直してくれる。

スペダン選抜まとめ

ドラポ 選抜ガチャ バナー

火属性と森属性はすべてのラインナップが『ドラポ忘年会』の登場キャラで固められているので、ほしい場合は非常に狙いやすい。

この6種の限定カードは12月いっぱいの排出なので、あとで欲しくなっても入手は難しい。

また、選抜が終わったあとに欲しくなっても入手の可能性が大きく下がるので、ほしいのかどうかと、手に入れるのに竜石が充分かどうかの確認をしておこう。


イラストベースで考えるなら、新カードの2枚はどちらも引いておきたいところ。

火力ベースで考えるのなら火属性を回すのがオススメだ。


結論では火属性を引くことを特にオススメしたい。


今回も最後まで読んでくれてありがとう!

Twitterでは、記事にしないような内容も含めてもっとたくさんつぶやいていますので、よろしければTwitterアカウント(@heath_bryal)のフォローもお願いします!


この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする