【ドラポブログ】超MAXレア ダークラン スキル評価【カードリスト】

ドラポ 超超MAX ダークラン

ヒースです。


ドラポの第305弾超MAXレア『ダークラン』に関して。


メフィストの悪魔の力により闇落ちした魔法少女ラン。

スキルは強水に変わり、元々の自分に対しての超特攻状態になっている。


盾を無視しながら相手が盾であれば赤盾への上書きができ、さらに強属性ではめずらしい必中を持つため、見切りにも上書き不可盾にも強い。


盾無視と必中の組み合わせは何かと使い勝手がいい。

目次

ダークランのスペック

ドラポ 超超MAX ダークラン

カードスペック

レアリティ:超MAXレア
属性:水
スキル:盾無視必中強水
状態異常:なし
装備コスト:40
オーブスロット:2
種族:女の子、魔法少女

HP:2974
攻撃力:1717
防御力:1686

親分スキル

メインスキル:盾無視必中強水4(80)
サブスキル①:追加で対象の防バフ奪取
サブスキル②:対象が盾時赤盾

子分スキル

メインスキル:親分が水属性かつ子分に火水森がある時被ダメージ1%軽減
サブスキル:親分が水属性かつ攻撃スキル時スキル威力40UP

ダークランの評価

ドラポ 超超MAX ダークラン


盾無視により上書き不可の見切りを無視できる。

破壊貫通不可の見切りも必中と赤盾で無視できる。


盾無視により上書き不可の鉄壁も無視できる。

破壊貫通不可の鉄壁は赤盾で上書きできる。


さらに防バフを奪うことで攻撃後にちょっとしたダメージ軽減も可能。


闇属性持ち特有の被ダメージ軽減子分効果により、ダークランがあればあるほどプレイヤーの耐久度を高めることができる。

攻撃スキルに積み込むことで高威力の子分にもできる。



超MAXレアだけあり、スキルスペックがかなり高い。

ダークイフリーナと異なり強属性スキルなので使いどころがとても多いのも優位なところだ。

ただ、使い勝手の良さはおのずと『どこでもダークラン』が横行する前兆となるのが難点と言えば難点か?



本体である覚醒ラン。そしてダークラン。

ボスが火属性であるならば白黒入り乱れて『いつでもどこでもラン』という状況は充分ありうる。


下手な特効よりは使い勝手がいいし入手が面倒な超MAXなので、そのくらいは許してあげられる気概を持ち合わせておこう。

ダークランのまとめ

ドラポ 超超MAX ダークラン


ラン「………………」



身代わりの魔法少女アカネの代わりに身代わりとなった魔法少女ランの闇落ちした姿は、普段の活発的なランとは異なり感情が消えた無表情に。


無慈悲な一撃をプレイヤーにぶちかましてくるが、ランはその間も必死に自分自身と戦い続けている。

プレイヤーはアカネを含む魔法少女たちと協力してランの暴走を止め続けて、ランが覚醒するのを待つしかない。


ひとたび覚醒を果たしたランであれば、真の魔法少女となったアカネとともにメフィストの陰謀を阻止することができることだろう。


今回も最後まで読んでくれてありがとう!

Twitterでは、記事にしないような内容も含めてもっとたくさんつぶやいていますので、よろしければTwitterアカウント(@heath_bryal)のフォローもお願いします!

ドラポ 超超MAX ダークラン

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする