【ドラポブログ】コロシアムの改修って結局やるの? やらないの?

ヒースです。


記憶が正しければ、もうすぐ5ヶ月くらい経とうとしているものがある。


そう、コロシアムの改修だ。

(※もう改善とは言わないよ。改善じゃないかもしれないから)



2018年7月

いきなりコロシアムの仕様が変わった。


名前がないから勝手につけるが『ブラインドコロシアム』だ。


役成立までお互いの場札が一切見えず「いっせーのせっ!」でオープンされる。

このときの役比較以降の処理は通常のコロシアムと一緒だ。

役が強いほうが先手。役が弱いほうが後手。何も変わらない。



通常のコロシアムではひとりずつ制限時間内にカードを1枚ずつ場札として出していくので、どのような役を組みつつあるのかが途中でわかるのだが、それがカードが裏向きなのでわからなくなった。

この『役作りが見える』というのが通常コロシアムの醍醐味だ。


相手が10を出したのが見えたら、ストレートにせよフルハウスにせよJ以上を出したいところ。

続いて相手がJを出してきたらストレートの流れが見えてくるので、より数字の大きいストレート、あるいは楽ストではなく純ストを狙うとか、フルハウスやフォーカードを狙うとか、1枚ずつ見えてくる場札によって成立役を変えていくという戦い方ができる。


でも、『ブラインドコロシアム』ではそれができない。

なにせ「いっせーのせっ!」だからだ。


この点で完全に”運勝負”という解釈をしたドラパーが大多数(?)いたので、運営は『ブラインドコロシアム』を1シーズンだけ実装して、速やかに従来のコロシアムに戻したのだ。

その際の顛末は以下の記事で詳しく書いてあるので興味があったら読んでみてほしい。

[kanren postid=”3610″]

こうして運営はコロシアムの改修をするという宣言をしたのだが……


記事トップにも書いたように2018/12/19現在ではほぼ5ヶ月前の話だ。

まぁ、これはもう「スルーしたな」としか言えない。


なにかやっているのであれば、最低でも進捗のお知らせは出すべきだろう。

運営が自信たっぷりに、おそらくガチじゃない人でもたのしめるコロシアムにしたのに、ガチ勢(?)の顰蹙にあって一瞬で前言撤回した状態のままだ。


そもそも新しいコロシアム仕様の対象としている”ガチじゃない人たち”は、なにがなにやらわからないまま「ぽかーん」としているしかない。放置プレイだ。


結果、従来どおりのコロシアムが粛々と開催され続けており、当時一瞬でも「新コロシアムいい!」と思った人たちの気持ちが配慮される気配は微塵もない。



ドラポ運営にいきなりベスト解を要求するのも酷な話だろう。

とはいえ、まずはコロシアムをふたつにわけて、ガチじゃない人用のコロシアムくらいは設けるべきだったのではないだろうか?

ここはそうであってほしかったという気持ちがやや強い。


非ガチコロシアムはグルチャでの参加を不可にして、退場ボタンも無くしてカサカサと出たり入ったりもできなくして、一発勝負の野良対野良のコロシアムにしておけばいい。

個人戦のようでいて、仲間4人の”プレイングレベル”に左右される運ゲー要素も満載だ。

相手の成立役も読めないけど、別の意味で味方のプレイも読めない。


というか「キミたちは本当に味方なのか?」という自由な役作りをしてくれるだろう。


戦場には敵しかいない。

味方に背中から撃たれるのも当然という、カオスなコロシアムの完成だ。


現状で、グルチャに問答無用でフルボッコにされるためにコロシアムに行きたいという人は皆無だろう。

参加理由はドラゴンメダルがほしいとか竜石がほしいとか、ただそれだけというのも少なくないんじゃないか?

だからこそ、野良でのコロシアム参加はますますカオスになっていってしまう。思惑が違うんだから。


・ちゃんとプレイしたいけどグルチャを組むほどはやりたくない勢

・ただ報酬がほしい勢

・よくわからないけど好きなカードを絶発する勢

・冷やかし(?)

・スパイ(?)


いろんな人たちがいろんな思惑で参加する野良と、ガッツリ全力で常時最高BP更新でも目指してんの? と言わんばかりの容赦のないガチが一緒くたで戦うコロシアムは、どう考えても健全ではない。


野良対野良対野良対野良対野良対野良対野良対野良対野良対野良

10人の野良での乱戦。


このカオスなコロシアムと従来どおりの通常コロシアム、ふたつを常時開催してくれればいいだけなのにやってくれそうもない。

参加者はふたつのコロシアムから好みのほうを選べる。

カオスでもいいのか、ガチで参加するのか、カオスは嫌だからガチに蹂躙されるのがいいのか。


今までどおりを残しつつ、新たな提案も同時にしていく配慮がドラポ運営には足りなかったんじゃないかな?

改めて過去に自分の書いた記事を見てみたのだが……

[kanren postid=”3610″]


『段階的に』

『お客様の嗜好に合わせて』

『3パターンのコロシアムの実装を計画中』


こんなことを言っている。

7月下旬でようやく検討を始めた段階だろうから、改修コロシアムはカジノダンジョンくらい実装が遅くなるんじゃないかな?


急に何かをする場合のドラポ運営の対応スピードは、正直シャレにならないくらい遅い。

神対応はプレイヤーが有利なときだけ。これは最初期からまったく変わらない。

改修コロシアムの完成までにかかる時間は果てしなく長い気がする。




……ん?


カジノダンジョンくらい実装が遅くなる??



そういえば、カジノダンジョンって今はどうなったんだっけ?



――おやおや、まぁまぁ、開発が中止されているじゃないか。



まさか……ね。

さすがにここまで丁寧なお知らせを出しておいて”完全だんまり”なんて誠意のない対応をするってことはないよね?

あってはならないよね?



本記事には『コロシアムをたのしみたいのにたのしめていないドラパー』がドラポを嫌いにならないように、という気持ちが強く入り込んでいる。

せっかくのエンドコンテンツのひとつなのだから、ただただ苦痛だと思う人を少してでも少なくしたい。


通常コロシアムをたのしいたのしいって思って熱心にプレイしている人も多い。

その裾野をもっと広げてもらうだけで充分だ。

なにか対策を打ってくれている姿を見せてくれればいいだけ。簡単簡単。

しかし、コロシアムの放置っぷりを見ると、ドラポはもう新規の獲得は諦めたのかな? と思ってしまう。

コロシアムに特化したカードは容赦なくバンバン登場しているから、このままの仕様を続けていたら根付くはずだった新規を逃してしまう可能性がまぁまぁある。

ドラポをたのしんだ先に辿り着くコロシアムが、まさか先行者によるカモネギ状態とは露とも思わず、参加して絶望して、やがてたのしくなくなり、アプリアンインストールに手が伸びる。

こんな現象が起きては非常にマズイ。


新規は大事にしないといけない。もちろん、中堅やベテランだって適当に扱ってはダメだ。

でも、どこを優先するかという話なら、新規に力を入れてもらいたい。



また、自分の力量やフレンドの具合い、時間の裁量を加味したプレイングを許容できるドラポになってくれるのがベストだと思っている。

コロシアムはただでさえ参加できる時間が決まっているという縛りがある。

であれば、わざわざ時間を調整してその枠でプレイしているドラパー『全員』をもっともっとたのしませるようにしてあげるのが、ドラポ運営の真摯な仕事だと思うのだがどうだろうか?


課金者にばかり目が行ってしまうと、無課金者や微課金者がどんどんといなくなり、結局アプリの稼働率が悪くなり、過疎化し、終焉を迎える日が近づくだけ。


ピラミッド構造をもっと意識して、頂点の課金者だけじゃなく、それを支えている微課金者や無課金者へのフォローももっともっと充実してもらいたい。



ここは間違ってはいけないのだが……


課金者だけがドラポを支えているわけではない。

ドラパー全員がドラポを支えているってことを忘れてはいけない。



プレイヤーが多く、ゲームが賑わっていないと新規は来ない。来てもすぐにいなくなる。

新規が来ないゲームに明るい未来は待っていない。


今回も最後まで読んでくれてありがとう!

Twitterでは、記事にしないような内容も含めてもっとたくさんつぶやいていますので、よろしければTwitterアカウント(@heath_bryal)のフォローもお願いします!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • 運営を支えていくうえで、無課金者の意味はなんなんでしようか?
    課金者が無課金者に対して上目線で見れる以外いる意味が見いだせないのですが?

コメントする