【ドラポブログ】コラボ前にも1キャラ追加するようになったけど、前は子分選抜だったような?

ヒース(@heath_bryal)です。

 

お知らせにツッコむ回。

2018年11月12日(月)より『北斗の拳 イチゴ味』(存じておりません)とのコラボが始まるが、今回はコラボにはまるで関係ない部分でお知らせにツッコむ。

 

それは、以下。

ドラポ お知らせ

なんてことはない”普通”のお知らせだ。

よくあるドラポのワンシーン。

 

そう、これはもう普通のことになっている。

 

思い込みが入っている部分があるかもしれないが、ドラポのコラボ前は、新SSを投入せずに子分選抜ガチャを結構な割合で開催していた気がする。

2世代目とか3世代目のアタックスキル子分が多めの、コラボ前に始める人用の子分選抜が。

 

コラボ前に限らず、何らか大量に竜石を消費しそうなくらいガチャが厳しい場合は、選抜ガチャを回さないで済むような”配慮”があったと思ったけど、今や幻に。

ドラポは子分が大事だから、始めたばっかりのプレイヤーがショボいダメージにならないように、竜石の投入に勢いのある新人向けの子分選抜だったと思うけど、今やない。

 

まぁ、なんだかんだで通常選抜にも優秀な子分が紛れ込むくらい、今のコスト35環境は親分も子分も充分使えるカードが揃っている。

あえて子分選抜をしなくても良くなった、と好意的に解釈することもできる。

それでいいのかどうかはよくわからないが。

 

たとえコラボ直前の通常選抜ガチャで竜石を消費してしまったとしても、コラボログインキャンペーンにコラボリツイートキャンペーン、大量の限定カードによる図鑑石配布など、失った竜石のフォローも充分備えられている。

だから選抜ガチャで散財するも、コラボMAXガチャで散財するもあまり変わらないのかもしれない。

 

ドラポ運営としては――いや、アソビズムとしては憎き『トロッコ(笑)』で失ったウン十億(仮)のお金を回収しなきゃいけない。

城ドラでもガチャはやらないと言いつつのガチャ産実装とか、もはやなりふり構っていられる状況ではなさそうだ。

そうなれば残る集金アプリはドラポしかないんだから、当然ドラポでもシボリズムにならないといけない。

 

一気にやるとバレる。

だから、ちょこっとずつちょびっとずつ竜石を回収していく作戦に出ているのだろう。

 

バラ撒きながら回収するというなかなか難しいことを常にやっているが、ガチャを回す人はとことん回すし、回さない人は一切回さない。

大量に竜石をガチャに使う人にとっては、配布石など雀の涙だ。

 

使わない人たちはどうせ何があったって使わないんだからどうでもいい。気にしない。

使う人にフォーカスを当てれば、それはもうどんどんと新SSを追加して、どんどんと選抜ガチャやMAXガチャを開催するのが王道だ。

ということで、今回のお知らせは至極まっとうな対応であることが確定した。

 

ドラポもちゃんと運営していればパズドラのように5000万ダウンロードとかになったかもしれない――いや、それはさすがにないか。

でも、1000万ダウンロードくらいは行ったんじゃないかと思う。

450万から記憶にないが、そろそろ『いったぜ1000万ダウンロードキャンペーン』をやってくれるかもしれないと、1ミリくらいは期待しておこう。

 

コラボ前の選抜ガチャに大量に竜石を投入したら肝心のコラボカードが強カードだったときに後悔しかねない。

選抜ラインナップや新SSの状態を確認し、覚悟のスルーを決め込むのも大事だと思うよ。

 

今回も最後まで読んでくれてありがとう!

Twitterでもいろいろつぶやいたり他の方と絡んだりしていますので、よろしければフォローをお願いします。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする