復刻【New World Order】限定カードに関して

ヒースです。

スペダン【NWO】で取得できる限定カードに関して。
DRAは2枚、『ブルータル・D』と『TS808』がもらえる。

Sレアは各属性1枚ずつ、そして今回の復刻で新規追加された『ワイドタイヤ』も限定子分カードとして使用することができる。

目次

New World Orderの限定カード情報:

Element:
Name:ブルータル・D
Class:なし
Cost:30
Orb:2
States:1569/1420/1406
Skill:咬2(130)(HP20%減毎に127/124/122/120/115)
Follow:親分が火属性かつ攻撃スキル時威力20〜40UP

Element:
Name:TS808
Class:ロボット
Cost:35
Orb:0
States:2322/1018/1055
Skill:敵全体打単(100)+子分カードを選択し超合体後に発動
Follow:親分が火属性かつ攻撃スキル時威力20〜40UP+自己早デバフ2(ブルータル・Dと同じ親分の子分時早バフ2)

Element:
Name:スート(Sレア)
Class:なし
Skill:盾破壊打単(165)
Follow:スキル発動時防バフ1&現HP5%割合被ダメージ

Element:
Name:ジェネ・P(Sレア)
Class:女の子
Skill:盾無視斬2(115)
Follow:親分が攻撃スキル時威力15UP(自己HP50%以下で25UP)

Element:
Name:ウォーヘッド(Sレア)
Class:なし
Skill:打1〜3(80)+攻撃回数分早バフ
Follow:スキル発動時HP2%回復(対象のHP50%以下時HP5%回復)

Element:
Name:ワイドタイヤ
Class:なし
Skill:スキルUPつき強化素材(回復
Follow:親分が()属性かつ攻撃スキル時、追加で()帯打+混乱(20%)

まとめ

可変型スキルUP子分は使いづらいので、両DRAは子分で使うのは厳しいので親分で使えるかどうかが判断の肝。

で、ブルータルDは親分でも使えないので倉庫決定。

TS808は親分スキルにレアなシステムを採用しているのが面白い。
森ボス以外であれば子分に搭載するカードを変えて色々試す頃ができる。
ただし、ある程度カード資産が整ってくるとデッキが固定されて出番がなくなるのは間違いない。

補助カードにマターや鏡を回せない時はTS808の子分効果で追加発動することができるので合体回避を考えないで済む。
ただし、TS808自体はアタックスキル持ちの通常カードなので、最終的にこちらも威力を吸わないように気をつけないといけない。 

前回でTS808を取得していて現在でもデッキに入っているという人はいないと思う。
確かに楽しいが、ただそれだけなので攻略にはあまり向いていない。

TS808同士の子分であれば合体スキルが乗るので、うまくトパーズ全体化とかが決まると通常のプレイよりもより多くのカタルシスを得られる。

メタキン系のボスとかでもTS808の攻撃〜子分の親分スキル発動〜子分体当たりコンボが非常に有用だ。

こういう目新しいものを出しても投げっ放しなのがドラポ運営の悪いところ。

クロノス零式の後に森DRAでもやるべきなのは間違いないが、いずれにしてももう有効性が薄れてしまっているところに時の流れを感じる。

復刻でまさかの覚醒解禁とかやって、さらに有用な進化を果たしてくれればDRAの復権が始まることすら可能だったことを思うと今回も残念極まりない。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする