チャレンジダンジョン【猛き覚醒の刃】に3色万能デッキで挑んでいたので今更ながら記録を残しておこうと思う

ヒースです。

現時点で絶賛ゼウスと戦うシーンではあるのだが、せっかくなのでひとつ前に開催していた【猛きかく背の刃】向けの万能デッキを記録に残しておくことにした。

上書き上書きでデッキが消えるので、次回開催時の自己参照の意味合いも強い。

どうせ竜級しか周回しないので、ストイックに組んだデッキとはなっていない。

目次

ヒースのデッキ VS覚醒お頭コヨーテ&覚醒シャチミネーター&覚醒グリズリー中将:

3色万能だと基本構成は威力合体、回復、特効×2で組み上げることになる。
Aは3ボスで2ボス以上に通用するものを設置すると無駄が少ない。

今回も親分子分構成を全属性分表示し、総括を述べるスタイルとする。

A

アテナ(覚醒アマテラス、千手×2)

火属性

フォア(アフフサフサ)
恋人(マター1)
覚醒お頭コヨーテ(ナオミ、リズリット、カスミ)
覚醒お頭コヨーテ(カスミ、ジェノス、弓)
 

水属性

覚醒メルクリ(覚オデ、ボス、セポネ)
トルテ(マター2)
覚醒ランスロ(ヒューゴ酒酒)
ラティオ(覚醒アクアロード×2、ミニセイウチ)

森属性

レイカ(ガス、覚オデ×2)
セレス(鏡、覚ラピ、セポネ)
覚醒花鈴(覚醒猿王、ファムタウス、ヤッターマン)
覚醒ウィンドタイガー(ミニポッポ×2、ダグラス卿)

総評:

ターン鉄壁が効く場合はAはアテナ。

火属性は中将向けの特効で覚醒コヨーテを2枚設置。
威力合体と回復でアタッカーが2枚しか置けないが、1種のボスに絞ればあと2枚追加できるので攻撃力が高くなる。

3色万能デッキは無駄カードが増えるのが玉に瑕だが、竜級程度なら逆造成でもダメージは通る。

水属性は超強力な斬カードがランスロ以外にないので、ラティオを組み入れて盾破壊と赤盾付与の役割を得てもらった。

別に他の斬カードでも良い気がするが、他属性に使えるという万能属性での意味を考えるとラティオは非常に存在感がある。

森属性は覚醒花鈴の火力と、対水に絞られるが覚醒ウィンドタイガーの超火力が最大のポイント。
花鈴は低確率で帯びるが帯びなくても充分高火力となる。
威力合体時のダメージの大きさはかなりのものとなる。

ウィンドタイガーは水の特効カードキラーであるくらいハイスペックだが、強属性であるが故に通常時は非常に使いづらい。
水ボスであれば即デッキインとなるが、そうでなければ倉庫にいるままと極端な出番ではある。

3色デッキである以上アタッカーの属性が必ず有効属性とは限らないので、同色、弱点色であっても場に出す必要がある。
もちろん竜級以下の低難易度での話だ。

逆属性カードでのダメージが大きいのを見ると威力合体の強力さがよく分かる。
防御減衰の影響も大きそうだ。

今後も3色のボスがいれば3色全部に満遍なく対応できる微妙な万能デッキを構築し続けるつもりだ。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする