スペダン解説 【クルースニクの街】 その2 (真・竜王級)

ヒースです。

10/14(金)メンテ後より【クルースニクの街】に真・竜王級が追加。

最近の新スペダンの流行りで初回開催でいきなり真・竜王級が追加された。
が、それだけだ。

追加ボスや隠しボスがいるわけでもなく、ヴァンパイアが敵として君臨することもない。
相変わらずジェノスが待ち構えていてキルゼムオールをしてくるだけだ。

従来通り1回挑み1回クリアし、トレジャーをもらったらもうプレイすることはない。

目次

クルースニクの街(真・竜王級):

1層目がS2体と素材、2層目がS3体、3層目がジェノスとなり神以上では敵構成は変わらない。

2層目が先制攻撃ありになっているが、相変わらずたいしたことはない。

全般の火力は高くなっているので、デバフを決め込んでおかないと追撃バレットで事故死しやすい。
キルゼムオールもダメージ量が厳しく、その後の麻痺も当然のようにより厳しい。

早バフ差でMissも増えるので、素早さのフォローもそこそこ対応しておかないといけない。
攻早デバフ持ちを活用しておくと、生存率は極めて高くなる。

報酬について

・スペダンの経験値は以下
真竜王級:4500×2、4500×3、15000

・スペダン獲得ポイントは以下
真竜王級:60000

・獲得トレジャーは以下
真竜王級:ブラメ10

まとめ:

今回のスペダンはボスの硬さがマイルドなので、軽減盾さえなんとかすれば非常に脆い。

特にW合体アモンと青龍の火力は半端じゃなく、咬カウンターのキルゼムオールを防ぐ意味でもこの2枚で水枠を埋めてもいいくらいだ。

覚醒ヴェルヴォルフも高火力水帯咬なので、奇数レイカや瀕死デメテルに乗れば相当なダメージを叩き出すこともできるが、如何せん単発であるがゆえのMissが怖い。
早バフ差が開きやすい今回仕様ではなおのこと。

このあたりはラティオでも同じ状況が考えられるので、やはり単発攻撃に対しては過信は禁物だろう。
威力ではなく複数であれば輝くシーンも多いが、スペダンでは威力のほうが何だかんだ強いでの、レイカが奇数であることに期待したほうが早い。

スキル素材となる今回のスペダン素材の収集を考えると、簡単に周回できる雷級かあるいはそこそこの難易度で時間もそれなりにかかるが神級を周回するのがいいかもしれない。

竜王級や真竜王級も周回できるだろうけど、回復が多くなる分に比例して攻略時間も長くなるので、獲得ポイントの時間効率を考えると低難易度周回でもいいと思う。

上級とかはスタミナ効率は悪いけど、ながらでプレイするには何も気にしないでいいのをメリットとすることもできる。
ただ、上級をやっとプレイしている初級者にしてみれば中々カードが出ずに出てもヘンテコな数字という高レベルの存在は嫌だろう。
まったく操作しないということはやるべきではない。

これが続くことで新規が消えてしまう可能性があるのはやはり問題があるからだ。

プレイヤー数が怪しくなってきているドラポだけに、既存も新規も大事にしておきたい。

運営が気にしないなら、プレイヤーが気にしておくしか方法はないのだから。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする