デッキレシピ VSジェノス

ヒースです。

そろそろ終了となる新スペダン【クルースニクの街】のボスジェノス向けのデッキレシピを公開。

咬回数カウンターがあることで若干変更した程度で、トレジャーが各難易度でサクサク落ちた為に不都合を感じることもなく終了。

周回向けになっていないが、今週はチャレダン週ということもありもう最後まで直さないことにした。

目次

ヒースのデッキ VSジェノス:

ターン鉄壁は無意味。

水咬を中心に揃えたかったところだが、所持が少なかったこともあり難易度が高かった。
ただ、咬回数カウンターという驚異的な仕様により咬が少ないことはそんなに深く考えずに済むことに成功。

強水中心での構成でも良さそうだったが、ラティオだけに留めておいた。

カウンターの特性上、火咬や森咬は使ってはいけない。

A

メディア(覚醒アマテラス、千手×2)

水デバフを入れるところがなかったのでAに置く。
水のアタッカー枠を削っても良かった気もするが、結局高難易度の試行回数的に活躍する場もなく終了。

火属性

フォア(アフフサフサ)
恋人(マター1)
イフ(アフフサフサ)
ギリム(ケセド、ロキ、魔術師)
 

威力×2と回復、そしてデバフ。
アタック属性を1色に定める場合は、他属性でこういうサポート構築が非常に簡単に行える。

今回デバフの子分が合体回避構成になっているが、デバフは威力をガッツリ吸ったほうがいいので今思えば無意味な組み方となっている。

水属性

メリッサ(ヒューゴ酒酒)
ブラックベア(マルコシアス×2、ミニセイウチ)
ラティオ(リズリット、ヤッターマン、ダグラス)
ファムタウス(ミニセイウチ、弓、覚醒猿王)

咬2連が適切だが、咬は1と3しかないので1と3を投入。
メリッサ×2で初期デッキを構築していたが、キルゼムオールの条件を知り黒ひげに変更。
単発が好きじゃないが、本気で入れるカードはない。

育ちきれば覚醒ヴェルヴォルフが強いのだが、あいにくSSSで未だ育成の途中となる。

今回の素材ですぐに育成は完了するが合成にあまり時間が取れないので、スペダンが終わる頃までには育成を終わらせて活躍させてみたいところだ。

森属性

レイカ(セポネ、覚オデ、お面)
セレス(鏡、覚醒ラピス、セポネ)
枕返し(マター2)
デメテル(ガス、覚オデ×2)

威力×2、回復、デバフと火と同じ構成。

こちらも当初のデバフは合体回避子分で構築しているが、そのまま変えてはいない。

森属性も完全に水枠のサポートとなる。
下手な咬アタッカーを積んでもまったく意味がないので、サポート専門のほうがよほどいいはずだ。

まとめ:

ジェノスは軽減ら盾を貼ってさえいなければ脆く、貼っていても威力が乗れば相当貫通する。

水咬が特効となっているが、キルゼムオールの発動条件が厳しい為、2連攻撃のアモンと青龍のみをW合体するのが最適解となる。
それ以外の咬は発動するのに若干勇気が必要となることに。

特効カードをデッキに組み入れて挑んだはずなのに、そのカードを使うとカウンターをもらってしまうというのも如何なものかと思うが、そういう仕様なので仕方がない。

合体スキルが役内にある状態で、ジェノスへの攻撃属性が咬5連以上に到達すればカウンターが来る。
なので、2連×2連のアモンや青龍の天下となるのだ。

逆にキャンサーは1回で5連に到達するので一致特効なのにデッキインは不可となる。

これもまた不思議な話である。

ジェノスの盾を赤盾で上書けるので、ラティオやファムタウスが重宝される。
最初に発動できれば後続の威力が1.5倍になるだけに、合わさるのが強属性の攻撃だった場合にとてつもないダメージを叩き出す。

もっとも盾が剥がせないとダメージ量が抑え気味となり、倒せず間延びし事故が起こりやすくなるので注意が必要だ。

残り開催期間はあと僅か。

ジェノスは火のアタッカーの優良子分となるので取得しない理由はないだろう。

スキル素材で咬合体デバフも上げられるので、該当カードの育成が滞っている場合はラストスパートで頑張りきろう。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする