デッキレシピ VSゲンドゥル

ヒースです。

現在開催中でありながら初日以外にプレイをしていない復刻スペダン【決戦のヴァルキューレ】向けのデッキを公開。

難易度は非常に低く、麻痺さえ何とかできればなんとでもなるダンジョンである。

明日(9/30)の真竜王級が終わった瞬間に気持ちはハロウィンとなってしまうのも仕方がないことと言えよう。

目次

ヒースのデッキ VSゲンドゥル:

森斬がメインだが、別に覚醒ウィンドタイガーを使ってもいい。
アタック特効が2種類である以上、デッキ構成の選択肢は盛り沢山である。

A

覚醒アテナ(覚醒アマテラス、千手×2)

ターン鉄壁が効く場合はアテナ。
ボスが水属性なので、Aに森属性を置くのはロイスト可能性上常套手段となる。

火属性

フォア(アフフサフサ)
恋人(マター1)
イフリーナ(アフフサフサ)
イフリーナ(レイカ、ガス、覚オデ)

とりあえず威力合体盛り込み。
森属性が何とかしてくれるダンジョンなので、他の属性はサポートに徹すればいい。

武具破壊用に多段アタッカーを積み込む選択肢もあるが、森特効W合体であっさりと終わってしまう難易度でもあるから必要ないだろう。

水属性

覚醒メルクリ(ボス、セポネ、覚オデ)
フウ(セポネ、覚オデ、お面)
トルテ(鏡、覚キララ、セレス)
ピスケス(マター2)

ここにも威力。

さらにピスケスが麻痺&デバフでやや活躍しやすい。
やや、とあえて書いたのはなぜか麻痺が非常に入りにくいからである。

デバフはごっつリ下げるが、麻痺はほぼ刺さらないケースに遭遇しまっているのは何かがおかしい。

森属性

覚醒ベルモット(ヒューゴ酒酒)
覚醒ベルモット(ナオミ、リズリット、ヤッターマン)
フリスト(ダグラス、弓、ミニポッポ)
覚醒トール(スノーラティオ×3)

とりあえずいくつかの選択肢の中からベルモット2体とフリストを選び、最後のひと枠をトールにしてみた。

覚醒ウィンドタイガーや麻痺狙いのクヴェートもありなのかもしれないが、とりあえずこの面子にして竜王級クリアまで特に何の問題も存在しなかった。

もし真竜王級で戦いづらい感じがあれば、より火力寄りにするか麻痺寄りにするかを調整することになるかもしれない。

まとめ:

有利属性にだけアタッカーを満載できるスペダンはラク。
デッキの構築も選択肢があるのは良い。

ゲンドゥルは剣を残した時だけ相当に強烈な攻撃になるので、それを避けられれば多少デッキを甘く組むことができる。

運悪く役が崩れ続けるとそれなりに苦戦することもあるが、そうでなければ数ターン、早ければ1ターンで決着をつけることができるくらいの難易度だからガツガツした組み方は不要だろう。

ゲンドゥルの2枚目ももらえずスキル上げもできないので、ポイントを集めても売ることが中心になってしまうのももったいない。
だからこそプレイをしないという選択肢が活きてくる。

デッキを組むのにも時間がかかるのだから、できればそれを活用する場をもっと用意して欲しい。
つまり、2周目プレイヤーに向けて何らかの周回要素を用意してくれると非常にありがたいという話だ。

ただ、やはり休めるのもそれほど悪くないので、真竜王1回で終わるだけの追加だとしてもそれはそれで受け入れる準備はできている。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする