8/19 選抜ガチャ 【コロシアム選抜】

ヒースです。

8/19(金)メンテナンス後よりコロシアム向けの選抜ガチャが開催。
2枚の新カードを追加し、子分カード多めでの実装となる。

白雪姫は併設開催のデュエルマッチ模擬戦でかなり有効なカードとなる為、5枚までは持っていてもいいとなった意味合いは大きいかもしれない。

目次

8/19 コロシアム選抜ガチャ評価:

火属性

Name:竜戦士エマ
Class:女の子、ドラゴン
Skill:火帯爪2(160)(役内自分以外にドラゴン、女の子時追加で強火単(100))
Follow:爪18UP(スト以上爪35UP)

Name:悪魔少女エナ(New)
Class:女の子、悪魔
Skill:爪2(175)(対象が睡眠時攻防早バフいずれか奪取(50%))+睡眠(85%)
Follow:スト以上爪35UP(対象が睡眠時必中)

Name:タウルス
Class:なし
Skill:打2(165)(自分以外の役内火1枚毎に170/180/190/200)+攻バフ1(自分以外の役内に火1枚毎に+1)
Follow:打15UP(スト以上打35UP)

おすすめポイント

火は完全な子分選抜。

新カードのエナは睡眠スキルを所持しており、超合体も睡眠となる。
ますますコロシアムが混迷化する原因の一枚となろう。

バフ奪取系はうまく機能すれば強い。
どれを奪うか予測できないが、プラス値がひとつしかなければ半々の確率で奪い取れる。
もちろん睡眠時限定なので、寝ていなければそもそも発動しない。

また対象が睡眠時限定とはいえ子分スキル効果で親分スキルが必中になるのはレアケースとなる。
スペダンでも使える場面があるかもしれないが、コロシアム向きの効果と言えよう。

エマとタウルスは親分も有用な子分。
爪はエナでもエマでもスト35UPとなるので、親分でも子分でも爪が不足している場合は非常に引きやすい。

タウルスもスト打35なので、ハズレのない貴重なタイミングとなる。

水属性

Name:オルフェウス
Class:女の子
Skill:全体盾無視打単(120)+赤盾付与(50%)(ターゲット時盾無視打3(120)+赤盾付与(100%))
Follow:親分が水かつ女の子時スト以上スキル25UP

Name:ミネット(New)
Class:なし
Skill:盾破壊水帯打単(220)(自分以外水1枚毎に+10)+攻防早バフ消し(50%)
Follow:親分が水かつA時被ダメージ15%軽減+合体回避(33%)

Name:インキュバス
Class:悪魔
Skill:爪3(120)+睡眠(55%)(対象が女の子時75%)
Follow:親分が女の子時スキル15UP(サキュバス時威力35UP+誘惑時攻防早1奪取)

おすすめポイント

ミネットは盾破壊+バフ消しと中々のハイスペック。
攻撃力も1700overで水帯の為、当たれば強い、当たれば。

単発なのでMissが非常に怖い。
デュエルマッチでの開幕予防接種や開幕ターン鉄壁を砕くにはこの手のスキルカードが多いほど良い。

廃課金デッキでは覚醒スキルやオーブの効果で盾以外にも開幕バフも充分乗っているので、より一層重要性が高い。

オルフェウスはおすすめしていないカードではあったが、これもデュエルマッチではかなり使える。
タゲって火を確殺に向かうのもいいし、タゲらず全体多段(複数化)でズタボロにして赤盾で後続に任せる戦いも可能。

水限定だが25子分としても有用ではある。

インキュバスは睡眠スキルでは強め。
サキュバスと一緒に持っていると相乗効果があるが、単体だと強いアタッカー止まり。

ただ、結局睡眠スキルが強いので、コロシアムでは使えるというレベルでは収まらない。

全般的に今回狙うほどではないので、不足分があるのなら。

森属性

Name:カノン
Class:女の子
Skill:打4(100)+誘惑(43%)+スト以上全体打単(100)+誘惑(33%)
Follow:打35UP

Name:白雪姫
Class:女の子
Skill:合体(全体化:1.2倍)

Name:花鈴
Class:女の子、忍者
Skill:(覚醒)威力変動型爪3〜5(120〜100)(20%で万能化)
Follow:(覚醒)親分が攻撃スキル時威力25〜35UP(自分か対象が麻痺か石化時30〜40UP)

おすすめポイント

デュエルマッチ用という判断。

白雪姫は全攻撃セットに潜ませてもいいし、白雪使わずに威力や複数でもいい。
全体化が強いのは子分の影響が大きいので、コロシアム倍率適用での威力減衰で思ったほどダメージが伸びないこともある。

そもそも先手を取れないだけで圧倒的に不利なゲーム性なので、後手での威力減衰が気になるのであれば威力合体デッキにシフトするのもいい。

そうでなければ白雪で状態異常全体化が強い。

カノンはコロシアムでは誘惑がイマイチだが、デュエルマッチでは非常に強い。
これこそ全体化を喰らうと相当厳しいし、追撃がある分誘惑付与率も若干高くなる。

デュエルマッチは状態異常耐性が高めになっているっぽいので43%では全体化では2名程度にしか刺さらないが、2名も刺されば充分と言えば充分。

うまくキーカードや合体スキルを自爆に向かわせられれば、相手の戦略を台無しにすることもある。

花鈴はもしかしたら覚醒で石化付与が取れてしまった人用の再取得向けかもしれない。

コロシアムでは石化は最悪の状態異常と言っていいほどデメリットのほうが多く、覚醒で石化が外れたのは大英断なのだが、デュエルマッチの石化は行動不能になるメリットしかないのでいきなり石化が有用になった。

覚醒してしまった人が再度花鈴が欲しくなった需要向けと考えているが、どうだろうか。

総評:

名前が色
付き太字表記のカードがおすすめ。
子分スキルは記載があるものがおすすめ。

新カードは睡眠バフ奪取スキル持ちと、帯盾破壊バフ消しスキル持ちとバフ消しに関わるスキルを両方共が所持している。

最近頻繁にバフ消し系のスキル持ちが増えているので、ボスのバフが早い件は運営も気にしているというところか。
まぁ、それを改善せずに対応策をガチャで用意しているだけだが。

いくつかのカードはコロシアム向けでもありデュエルマッチ向けでもある。
スペダン用、チャレダン用、サビダン用、コロシアム用、デュエルマッチ用と多彩なカードを保持しておかなければいけなくなったが、相変わらずカード枠は拡張しない。

アプリアップデートを伴う深夜メンテナンスを2回もやったのに対応しない。
もう対応はないものと思ったほうが間違いないということか。

Sカードや場合によってはRやNカードもデュエルマッチでは使えるカードとなる。
超合体ありきのバランスが本運用までに調整されればその限りではないが、未調整での本戦開始となった場合は超合体用に多種多様なカードをカード枠内に収めないといけない。

でも今の枠数ではとても全部を持つのは無理。
倉庫が広がってもそれだけではあまり意味がない。 

手持ちが多くても処理が重くならなくするプログラムの改修が終わらない限り、1000を超えるカードをデフォルトで持てるようにするつもりはきっとないのだろう。

今回の選抜は子分選抜でもあるので、不足分があるようであれば積極的に狙っていこう。
ただし、最近は汎用系も含めて子分カードが沢山手に入るようになっているので、石の突っ込み過ぎには要注意だ。
 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする