デッキレシピ VS覚醒アマテラス

ヒースです。

現在開催中の【アマテラス覚醒】の現時点デッキを公開。

必要ない気もするが、アマテラスは良くチャレンジするイージー難易度であり、せっかくなのでレコードしておくことに。

目次

ヒースのデッキ VS覚醒アマテラス:

アマテラスは毒、混乱、暗闇と3種の状態異常が効く。
ただし速攻で状態異常カウンターを使い解除&予防接種となる為、使い勝手がいいものは暗闇のみとなる。

強暗闇にしてしまえば高確率でMissを誘発できる。
ヘルタレスの追撃のような子分や威力の乗らない通常の暗闇は、対ヒューマン以外では無能となるので要注意。

と言ってもヒースデッキに暗闇は入っていない。
Missしなくても死にはしないのが最たる要因のひとつだが、実際はクロエ以外の有効カードを持っていないからとなる。

A

覚醒アテナ(覚醒アマテラス、千手×2)

先制で大ダメージ+封印となり状態異常を解除する必要がある為ターン鉄壁に拘る必要はない。

だが、事故もありうるのでターン鉄壁が効くならターン鉄壁にしておくのも手のひとつとなり、事実そうしている。

火属性

イフリーナ(アフフサフサ)
イフリーナ(アフフサフサ)
恋人(マター1)
フォア(水着エルザ、ミニイフ×2)
 

完全にサポート枠。そして威力合体枠。
ボスが森属性じゃない限りは今後もほぼこんな感じだろう。

フォアの子分は水着エルザ×3にしたいところだが、育成中の為戦闘力が竜王級に届かなくなると思われる為実験せず。

水属性

覚醒ランスロ(ナオミ、リズリット、カスミ)
覚醒ジャンヌ(ヒューゴ酒酒)
覚醒ツクヨミ(カスミ×2、ヤッターマン)
ラティオ(覚醒アクアロード、ダグラス卿、ミニセイウチ)

アタッカー枠。

ラティオは最初覚醒シャチだったが、同じ単発ならと盾上書きのラティオにしてみた。
一度たりとも機能していないが特別変える必要性もないのでこのままとなる。

主戦力は覚醒ランスロだがアマテラスの軽減の前ではダメージ量には期待ができない。
予防接種の際には強烈な大ダメージを与えることが可能。

ジャンヌは混乱枠。
混乱がどうこうではなく状態異常カウンターをもらう為。
暗闇がないから混乱で代用。ジャンヌのそれは良く刺さる。

ツクヨミは盾時にダメージソースとなるのでなかなか良い。
早バフ差がなければとどめ時の威力合体の安心感は中々のものとなる。

森属性

デメテル(覚醒オーディン×2、ガスアリン)
セレス(鏡、覚醒ラピス、ペルセポネ)
枕返し(マター2)
レイカ(タイラント、覚醒オーディン、ペルセポネ)

サポート枠。
アメノウズメがあれば入れたいところだがないのでただのデバフ要員としての枕。

デメテルとレイカは威力合体用。
レイカは複数化が時に危険となるので、迎撃時は絶発せずに役揃えに注力したほうが良い。

まとめ:

チャレダンでも難易度的に周回するのはアマテラスくらい。
限定オーブは落ちる気配を見せず、チャレダン特有のスタミナバグも一向に直らない。

挑んでいて虚しくなってくるが、やることがない時はチャレダンが一番スタミナ消費が早いので良い。

チャレダンも各種ストレス値が溜まりやすくなってきた。
もっとも難易度が低めであれば、ほぼ無心で周回できるのでバグや低ドロップでも構わないのが救いと言えば救い。

また、あまりにも覚醒カードが追加されないので、大量保持していた覚醒用強化素材は少数を残して売却した。
現時点では覚醒が追加されていないので何も問題は起きていない。

アマテラスは盾破壊と水斬特効と暗闇でのMissを狙えば、低HP時のストレートカウンターに注意しておけばいい。
ストカン対策はアマテラスのHPが残り4〜5割くらいから一気に削るか、またはHP満タンキープで事故を防ぐのが良い。

限定オーブは神のみが装備可能の種族限定となる。
能力的には高めのようなので、1%に満たないドロップ率に耐えられればどんどんチャレンジしてドロップを狙おう。

ヒース的には忍者時に既に許容ラインを超えているので、限定オーブを狙うことは現在も今後もない。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • ストカン対策としてストカン条件時に暗闇にするという手がありますね
    ストカンが暗闇でミス、次もカウンターでミスとかなりの余裕が持てます

    デバフで盾をはがし暗闇をぶっこめば絶対にクリアできます

  • >ななしさん
    追加情報ありがとうございます。

    暗闇はストカン時こそ効果を発揮するようで良いですね。
    毒→ストカンでの撃破も楽しそうですが、暗闇に比べると毒も混乱もイマイチです。

    やはりウズメがキーカードですね、アマテラスだと。

コメントする