デッキレシピ 【第68回コロシアム本戦】 (特効:爪、突、暗闇)

ヒースです。

現在開催中の第68回コロシアム。
爪、突、暗闇特効というお先真っ暗な展開に四苦八苦する1週間となる。

ヘルタレスが地味に猛威を振るうが、効く時は効くし効かない時は効かない。
CPUにも効かない。

グルチャは2ターン目でも暗闇から役を成立させるスペシャルスキルを持つ。

目次

ヒースのデッキ 爪突特効:

花鈴から石化がなくなったおかげで爪特効で余力が出てきた。
突はたくさんあるが有用な突はあまりない。

ヘルタレス、クロウ、戦車、鉄板のアルゴノートにクロエ、この辺りが錯綜すると常時真っ暗のフラッシュかAしか揃えられない残念な展開になりがちとなる。

A

サキュバス(覚醒アマテラス、千手×2)

ここは従来通り。

火力アルゴが存在した場合には滅殺される。
ヘルタレスも危険。覚醒アズロとパトリシアと覚醒セイウチも危険。

火Aは結構手厳しい。

火属性

ヘスティア(アフフサフサ)
ギリム(マター1)
ノエル(ダグラス卿、覚醒セイウチ×2)
メイリン(ミニイフ×2、ヤッターマン)
 

メイリンはガードブーストやワクチンブーストを剥がしたい為。
1ターン目に手元に来ることはない。だから役目を果たせない。

ノエルは麻痺にしてしまうのがネック(※ガチグルチャは麻痺でもスト余裕)ではあるが、火爪に良いカードがないので現時点では使いやすいゆえデッキイン。

ガチグルとの対戦が増えてきたので、ギリム枠は盾スキルに変更してギルバートを搭載するほうがいいのかもしれない。

今のところ死に枠は作らないようにはしているが、対戦しているとあまりにも耐久が違いすぎてそうしたくなってくる。

水属性

ウンディーネ(タイラント、覚醒オーディン、ペルセポネ)
覚醒ピノコ(マター2)
ヘルタレス(ヒューゴ酒酒)
ヘルタレス(ミニセイウチ×2、覚醒セイウチ)

暗闇にされると鬱陶しいのでお返しとばかりにヘルタレス2枚盛り。
でも、こちらの暗闇は効かずに相手の暗闇だけ効くのがいつものことなので、ほとんど仕事はしてくれない。
突に暗闇が帯びていれば良かったのに。

またようやく暗闇が入ったとしても、それがCPUだったり初手だったりと意味を成さないことが体感上多いのが非常にストレスとなっている。

森属性

白雪姫(ガスアリン、覚醒オーディン×2)
枕返し(鏡、ケセド、ペルセポネ)
覚醒花鈴(ミニポッポ、覚醒猿王、リズリット)
覚醒花鈴(ミニポッポ、俵藤太の弓、猿王)

花鈴から石化が消えたのは個人的にはメリットしかない。
このようにコロシアムで使うことができるようになったからだ。

今までであれば突爪ならトリスタンやドンコアラを無理やり使っていたが、やはり最低3連、最高5連のほうが使いやすい。
もちろんデメリットがないのは大前提だ。

子分も汎用子分が増えてきたので、爪子分不足でもデッキ構築の難易度は相当下がった。

まとめ:

ガチグルと当たるといつも役が崩れる。
そして相手は崩れない。

肝心な場面でシャフってもミニストとか2ペアのままとかが多い。
相手は歯抜けの5番手が麻痺でもストレートを組んでくる。何かがおかしい。
暗闇も効いている気はしない。
混乱も掴めなかったという展開は記憶にない。

こちらは暗闇が5番手になることが多いが相手はそうではない。
ひとりだけ封印が入ったらピンポイントで合体スキル持ちに当たり、逆に相手は生き残ったり封印にならなかったカードのみで特効全体化。何かがおかしい。

最近コロシアムをプレイしていると相当にストレスが溜まるようになってきた。
ゲームを楽しんでプレイできなくなった時点でおしまいだな、という感もあるので、コロシアムへの意欲は激減中となる。

次いでチャレダンがスタミナ倍消費+弾きのせいでやはり意欲が落ち気味となる。
それでいて限定オーブはどんなに周回してもドロップしない。
やればやるほど虚しさがつきまとうというのはどうなのだろうか?

楽しんでやっているのはバドガやビチガのサビダンばかりとなっているので、何か巻き返し要素が欲しいところだが、特に何もなさそうだ。
ギグバドガの出現率・ドロップ率が高めなのは珍しく褒められるポイントとはなっているが。

あとはカード枠をいい加減拡張して欲しい。
唯一楽しんでいる捕獲で、捕まえたSSや強化素材でパンパンになってしまいしょっちゅう合成しないといけないのも地味に堪える。
この部分であと200枠くらい一気に余力が持てればしばらくはノンストレスで耐久できそうだ。

現在コロシアムをプレイしながらマイナスカウントをしているので、これが一定量を超えたらドラメが枯渇しやすくなるがコロシアムはプレイしなくなりそうだ。

ただ、デフォルトの運も影響するだろうから運営がどんなに改善してもヒースの地力によりマイナスの影響から逃れられないという説も濃厚である。
 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする