スペダン解説 復刻【怪奇!妖怪霊園】

ヒースです。

さて、7/4(月)より開催中の復刻スペダン【怪奇!妖怪霊園】に関してようやく記事を起こすことができた。

それもこれも神級、竜王級とトレジャーハマりが起きてプレイ時間が極悪になった為にまとめる時間が取れなかったからだ。

役が成立しないまたは役内にアタッカーがいないことが多く、ワンプレイに時間がかかったのが難点となった。

目次

【怪奇!妖怪霊園】の特徴:

開催期間

復刻開催:2016/7/4 〜 7/18 11:59 まで
ポイント交換:2016/7/4 〜 7/24 23:59 まで

特記事項

・弱点は〔火〕〔打〕〔聖〕
 →状態異常弱点はなし。
 →打よりも聖が有効。がしゃどくろはアンデッドでもあり、威力2倍からの特効倍率となる。
 →聖属性というよりヨハン特効と言っても過言ではない。

スペダン素材『お札』はスキル素材
 →強化値2倍対象がしゃどくろ、輪入道、鬼婆、一本だたら、朧車、雪女、枕返し、豆富小僧の8種類。
 →妖怪に2倍でいいんじゃないかと思うが、やはりハブられる存在は多い。
 →スキルアップはSSで10%のフェアリータイプ。火が打、水が斬、森が合体となる。

限定装備あり
 →鬼級に『髭切』、竜王級に『俵藤太の弓』が限定トレジャーとして実装。
 →どちらも攻撃スキルUP子分。弓は35子分となる。

Sボスが硬い
 →前回のスペダンに続き、今回もまた激硬い。
 →竜級になるとめちゃくちゃHPが多くなる。

道中の黄金マローンが激しく邪魔
 →なぜか真ん中に黄金マローン、大黄金マローン、超黄金マローンがたまに出る。
 →HPはそれぞれ2、3、3の為、素殴りで倒せない。CPUの攻撃が向かない。
 →通常素材がHP1だけに周回効率がより一層悪くなった。

・BGMは和の雰囲気でかなり良い
 →忍者、アマテラス、がしゃどくろと和シリーズの安定感。
 →がしゃどくろとの戦いと同時に記憶に刻まれる為、今回が初回の場合は嫌な記憶として残ってしまうかも。

・ポイントでブラメ9枚、ドラメ450枚交換可能。

・がしゃどくろのDRA進化に必要な覇王の指輪はひとつ。

限定カード

Element:
Name:がしゃどくろ
Class:アンデッド、妖怪
Skill:全体盾(やせ我慢/付与率60%)
Follow:攻撃スキル威力35UP+自分をゾンビ化

Element:
Name:輪入道(Sレア)
Class:妖怪
Skill:咬単(165)+防デバフ(-130)
Follow:攻撃スキル発動時早バフ1〜2

Element:
Name:鬼婆(Sレア)
Class:女の子、妖怪
Skill:斬2(100)+与ダメ12%HP回復(50%)
Follow:攻撃スキルにHP10%吸収効果

Element:
Name:一本だたら(Sレア)
Class:妖怪
Skill:盾破壊付き打単(165)
Follow:攻撃スキル発動時防バフ1(25%)

がしゃどくろはデメリットが強いが無条件攻撃スキル35UPの為、竜以下のスペダンやコロシアムで活躍可能。
あえてゾンビ化で上書きをするというのが普通の考え方。

子分が不足しがちな属性にぶち込めるので、俵藤太の弓と2枠分埋められるのは非常に大きい。

限定装備

Element:
Name:髭切
Follow:スト以上攻撃スキル30UP+対象が妖怪時攻防早バフ1(各33%)

Element:
Name:俵藤太の弓
Follow:攻撃スキル15UP(スト以上35UP)+対象が妖怪orアンデッド時聖単

髭切の出番は少なさそうだが、俵藤太の弓は汎用35子分の為非常にありがたい存在。

水属性のカードである意味合いも大きく、リズリットやダグラス卿とイーリスとの組み合わせにより353540UPの子分となる。

報酬について

・スペダンの経験値は以下
(同難易度下でも配置が異なる場合がある。遭遇時のものを掲載する為、相違がある可能性あり)
(黄金マローンのEXPはR500、S1000、SS1500となる)

初級:30、30、100
中級:100×2、100、350
上級:200×2、200、1600
鬼級:400×2、400×2、4000
雷級:650×2、650×2、6000
竜級:750×2、750×2、7500
神級:1450×2、1450×2、10000
竜王級:3000×3、3000×3、12500
真竜王級:未開催

・スペダン獲得ポイントは以下
初級:3000
中級:4500 →5500に修正
上級:7500 →8000に修正
鬼級:10000
雷級:12500
竜級:15000
神級:30000
竜王級:45000
真竜王級:非開催

・獲得トレジャーは以下
上級:ブラメ15
鬼級:髭切
雷級:ドラメ200
竜級:ブラメ15
神級:ドラメ200
竜王級:俵藤太の弓
真竜王級:未開催

・クリア素材は以下
PP、キーン、竜石、ジェムマローン、スキルフェアリー、指輪 他

プチ攻略:

がしゃどくろの攻撃にはパターンがあるが、特に2撃目の腐乱臭と呪言に相当の注意が必要。
運要素が絡むが腐乱臭にて毒状態になることが危険の始まりとなる。

毒状態になった場合は次のターンで必ず回復をしなければならない。
HP全快になっただけではそのターンの反撃にて呪言を喰らい、毒のダメージで必殺コンボを喰らってしまう可能性が残る。

がしゃどくろではその事故を避ける為に毎ターンの回復はほぼ必須となる。

がしゃどくろは全部の行動にカウンターを持っており、際立って喰らいやすいのが『合体カウンター』『デバフカウンター』『盾吸収』となる。

『フラッシュカウンター』『赤盾カウンター』『バフカウンター』『大ダメージカウンター』とか他にも色々存在し、カウンターの所持数は現在まで開催されているスペダンに於いて過去最大となり2回連続受賞である。

合体カウンターは同ターン内に合体スキル2回分以上の攻撃またはデバフをがしゃどくろに向けて発動した場合に反応する

合体スキルは通常の威力合体の他、鏡とマター、ロキ等の合体回避子分も該当する。

カウンター技の『恨みの一撃』の威力はデフォルト50000オーバーとなり、攻バフが3以上になると軽減にも依るが一撃死の可能性が高まる。
逆に攻デバフの影響も大きく、-5まで届けば半減の25000程度で済む。

デバフカウンターはパッと見はわかりづらく、デバフ値が大きいほど毎ターンの行動後の攻防バフの値が大きくなる。
最大で攻防+5を確認。

盾吸収は吸収アイコン以外のすべての盾が1人でも付与されていれば反応し、その盾を何事もなく奪い取り、一定の種類に変換されてがしゃどくろ自身の盾スキルとして付与される。

そして、がしゃどくろ最大の特徴が復活。

全スペダン内でジュメルと2体しか所持していない理不尽特性となるが、ジュメルが復刻にて返上したのに対しがしゃどくろは復刻でも仕様を変えずオンリーワンを堅持した。

運営のTweet情報を信じれば、神級以上でがしゃどくろのHP3割以上残した状態から一気に倒すると復活する場合があり、HP3割を切っていれば復活しないはず、とのこと。

あくまで『はず』である。

復活を避けるにはチマチマ削るのが一番であり、ヨハンやクレアとクラウスの聖職者達、タウルスや朧車等の火打で殴り続けていけばその内倒せる。
ただ相当に時間がかかるので、HP回復をしくじって全滅した場合の精神ダメージが大きい。

恨みの一撃は喰らわないし復活もされないが、呪言→毒コンボは健在なのであまりダラダラと長く続けるのも良くない。

がしゃどくろの弱点は打と聖となるが、聖属性スキルの持ち主である聖職者達は対アンデッドのスペシャリストとなり、アンデッドに対してはスキルの威力が2倍となる。

その為、基礎値が倍になった状態から聖特効がかかり、さらに属性倍率が乗る為ヨハンの火力が尋常じゃないことになる。

同属性のクラウスでさえ火打2連よりちょっと弱い程度のダメージは出る。

クレアは合体に乗れば15万程度のダメージを叩き出すが、真髄は割合ダメージのほうとなる。
がしゃどくろは『割合ダメージ耐性』なるとんでもない特性を持ち合わせているが、それでもHPが多い状態では10万オーバーを削り取るので火打2連は完全に置き去りにできるダメージを出せる。

もっとも、 現HP割合なので後半戦ではほぼ削れないので絶発は序盤が望ましい。

がしゃどくろは早バフを使用しない為、早デバフの影響が極めて大きい。
彼我の差が10になれば、呪言も恨みの一撃も命中50%ほどになるのでそこそこハズすようになる。
腐乱臭もハズレてくれれば毒やゾンビ化も回避できる。

グルチャ次第だが、W合体で速攻倒すパターンもある。

反撃の恨みの一撃を攻バフ5でも耐えられる場合なら全部W合体で押したほうが早い。

条件を満たしているので復活もされるが確率で復活しない場合もあるので、しつこく最大火力で押し切ってしまえばなんとかなる作戦だが実際に充分機能するので侮れない。

特にW合体にヨハンが絡めばHP7割は削れるので、大デバフ→ヨハンのW合体であれば次のターンは復活の条件を満たしていないのでそのまま倒せてしまう。

初回開催時もそうだったが、がしゃどくろのすべての行動が本来予定している効果に必ずしもなるわけではない。
条件を満たしている場合も満たしていない場合も、本来なら来ないはずの行動や効果が起きる場合もあるので注意が必要。

注意というよりは、そこが理不尽な点になるので覚悟が必要だ。

がしゃどくろと戦うというのは理不尽との戦いでもある。
 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする