ドラポコラム その20 【がしゃどくろがそのままだったのでマイナス要因のまとめ】

ヒースです。

本日(7/4)よりがしゃどくろ復刻となったが、まさかのそのまま調整――未調整で出てくるとは思わなかった。

以下の要素がそのまま残っている為、2回目の人は呆れ、初回の人はその理不尽さにストレスMAXとなってもおかしくない状況となった。

① 復活

普通に復活する。ただ、その頻度は下がっているかもしれない。
復活条件はHPが4割以上(※難易度による)からの同ターン内撃破が濃厚。

残HP管理をすれば復活は回避できる。

② 盾吸収

こちらに吸収属性以外の盾スキルが発動していると必ず奪取する。
普通に盾付与カウンターだが、予防接種を持って行くのは『なし』にして欲しい。

③ HP1%残し割合ダメージ

神以上となるががしゃどくろ以外が恐らく使わない『こちらの現HPに関わらず残HPをおよそ1%にする割合ダメージ』は健在。
こいつがある為に毒状態を残すことは厳禁となる。

早バフデバフ差でMissを誘えるが確定で回避はできない為気休め程度。

④ 毒状態での③

これは毒を解除できない場合だが、即死コンボとなる。
プレイヤーが理不尽さを感じる一番の要素であり、コンテ石を使いたくなくなる最大の要因。

⑤ 各種カウンター

面倒なのでまとめるが、合体カウンター、フラッシュカウンター、盾付与反応カウンター、赤盾付与反応カウンター、デバフカウンター、大ダメージカウンターが存在する。

合体カウンターと大ダメージカウンター(恨みの一撃)はほぼイコールだが、合体カウンターはマターや鏡、ロキ等の合体回避子分スキルも該当する為、必ずしも大ダメージを伴うわけではない。

マターデバフ→威力特効で合体カウンターを喰らう場合もあるし、何もしていないのに恨みの一撃を使われることもある。
威力Wに反応しない場合もあるようなので(※未確認)、ランダム要素があるのも初回からとなる。

恨みの一撃対策として攻デバフが効くのでタイミングによっては充分耐えられるが、そうじゃなければ即死もありうる。
これもストレスMAX要因になる。

と、初回開催から何の調整もせず、コピペの証である中級と上級の獲得スペダンポイントのミスもそのままである。
(※中級が4500、上級が7500は今の仕様ではない)

追加要素は鬼級と竜王級にそれなりに強めのトレジャーを追加したのみで、金曜に新ボスが追加されなければ手抜き確定のダンジョンとなる。

ただでさえ引退要素込み込みなのに、これを手抜きのまま終えるのだとしたら運営のドラポに対する考え方がまたわからなくなる。

もっとも、流石に慣れたものでがしゃどくろは理不尽さは残っているものの戦い方次第では安全に討伐できる。

先制で攻早デバフ(枕返しが理想)を威力合体で決め、あとは毎ターン威力回復か鏡アルカディアや鏡恋人を漏れなく行うことで、残HP管理次第ではW合体攻撃も充分可能。

ちまちま削るかW特効で削ってカウンターに耐えるのいずれかでノーコンテクリアも難しいものではない。

良いメンバーに囲まれることが前提だが、ちゃんとしたデッキで構成されていれば竜王級のトレジャーを天井で獲得することになってもまだ(精神的に)耐えられると思う。

真・竜王級がどうなるかはまだわからないが、竜王級の延長であれば攻デバフは必須となるだろう。
そうしないと恨みの一撃でMAXHPから80000くらい喰らって即死すると思われる。

運営のイタズラで真竜王級にも限定トレジャーを設定されてしまった場合、野良ではまず獲得は不可能なので早めにグルメンを募集しておくべきだろう。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (4件)

  • いつも参考になります。
    今回特にデッキ作りに迷走してます。
    今回もヒースさんのデッキ内容を参考にさせて頂きたいです、よろしくお願いします。

  • >ななしさん
    早デバフ5で安心していて、うっかりW合体で倒す、復活する、恨みの一撃喰らう、は普通にやりました。

    早デバフが消えてしまうので、復活させないようにじわじわ削ったほうが危険は少なさそうですね。

    コメントありがとうございます。

  • >中級者さん
    コメントありがとうございます。

    参考にできるほど強烈なデッキにはなっていませんが、所持カード並びに周囲の面子のカードを加味して組み上げています。

    単体で見ると『?』が浮かぶ場合もありますが、残りの4人に頼る場合は大概そうなります。

    ひとりで全部の有効カードを持っていても周りがそれを活かしてくれなければ意味がないので、野良で平然と真竜王級をクリアしている人達が真のドラパーだと思っています。

コメントする