デッキレシピ 【第65回コロシアム本戦】 (特効:咬、斬、怒り)

ヒースです。

まもなく終了を迎える第65回コロシアムは斬特効もあってベルモットが非常に脅威
斬アタッカーは数多く色々なカードが出てくるが、やはりランスロやベルモットのダメージが大きく響く。

状態異常怒りはヒューマンには良く効くがCPUにはほぼ無意味
結局封印と睡眠がモノを言うことには変わりがない。

目次

ヒースのデッキ 咬斬特効:

斬さえ特効に入っていれば余裕でデッキが組める。
水咬に使えるカードがない為、水斬オンリーだと若干バリエーションが薄いのがネック。

A

サキュバス(覚醒アマテラス、千手×2)

ここは従来通り。
ランスロに加えて皇帝も非常に怖い。

水咬の有効カードが少ないが、ランスロは初期カードの為取得者が多い。
ガッツリ削られるので先手の有用性が増す。

火属性

ヘスティア(アフフサフサ)
ホルス(マター1)
覚醒ブルート(ミニイフ×2、マルコシアス)
覚醒コヨーテ(ガーネット×3)
 

斬咬だったら大体この2枚。
コヨーテもブルートもかなり強い。
特にブルートはHP全快レベルの回復量なのでHPが減っている時ほど役に立つ。

コロシアムだと火アタッカーの優位性が下がるので、1枠はホルスで封印全付与を期待。

水属性

ウンディーネ(覚醒オーディン、ペルセポネ、タイラント)
覚醒ランスロ(ナオミ、カスミ×2)
ルシファー(ヤッターマン、ミニセイウチ×2)
覚醒ツクヨミ(リズリット、カスミ、覚醒ガーネット)

ランスロが主戦力だが、バフデバフに差がつくと地味にルシファーが機能することがある。
稀だがないよりはマシ。

ガードブーストLV4のターン鉄壁が地味に鬱陶しいので、そのタイミングでツクヨミを全体化できると貫通できて良い。

ジャンヌを入れたいところだが、混乱はヒューマンの嫌がらせ用となりCPU相手に機能しない為非常に入れづらい。

森属性

白雪姫(ガスアリン、覚醒オーディン×2)
枕返し(鏡、ケセド、ペルセポネ)
覚醒蘭丸(ミニポッポ×2、ガーネット)
覚醒ベルモット(ヒューゴ酒酒)

枕返しはどちらかというとデバフ反転用。
鏡が余ったのでここに搭載。攻早デバフ×2ならそれなりに下げる。

以前までのフリストとなまはげから、覚醒進化でかなり強くなったベルモットと火力が向上した蘭丸を投入へ変更。
やはり付与率が下がったとはいえ蘭丸の封印は必要。

そしてこのベルモットが非常に有用。
もう1体覚醒してあるので2枚搭載もいけるが、毒が微妙なので蘭丸にしている。

対ヒューマンなら絶発できる分封印も効果半減だが、合体スキルを抑えられるか抑えられないかで勝負の流れはまったく変わってくる。
ないよりはあったほうがいい。
コロシアムでは封印と睡眠が2強の状態異常だから。

まとめ:

こちらも相手も覚醒ベルモットおよび覚醒ランスロが行き交う火力コロシアムになっている。

そんな中、突とか打が出てくるから野良は良くわからない。
アルゴノートは理解できる。暗闇は大変脅威だし。

今回は斬が入れられるので非常に調子が良い。
全体化に乗らなくてもランスロは対火で相当のダメージを出す。ただしガチガチグルチャにはそうはいかないが。

ベルモットは逆に全体化に乗らないと半端なダメージと毒状態への上書きがある為、絶発の順番の影響が大きい。

2連攻撃は威力UPと合体することで一撃で落とせるロマンがあるが、コロシアムに威力が出てくる時点でなにかがおかしいので現状では全体化で薙ぎ倒すのが正しい姿だろう。

今後威力や複数が復権してグルチャの個性が認めれるようになれば、Aを活かす戦略も取れて常勝が難しくなり、野良でも低名声でも戦い方に幅が出るだろう。

だが、そうなると名声トップのランカー達が常勝できなくなり、コロシアムへのお布施が激減する可能性が極めて高い為、満遍なく勝利の期待が持てる状況になる期待は持てないだろう。

ドラゴンメダル9000枚×3の新カードが出たが、特にコロシアムに何のテコ入れもない事に若干引いているが、まぁ、こんなものだろう。
 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする