デッキレシピ VS覚醒ヴォルクス

ヒースです。

まもなく終了となるチャレンジダンジョン【逆襲の三竜】。
その内の覚醒超火竜ヴォルクスへの対抗デッキを記録に残しておくこととする。

目次

ヒースのデッキ VS覚醒ヴォルクス:

基本的に高火力のヴォルクスへの対抗はこちらも高火力で一気に落とすのみ。
HP減少時のデバフや麻痺で解放攻撃が飛んで来るので、脳筋デッキのほうが展開は早い。

A

アテナ(覚醒アマテラス、千手×2)

先制攻撃をしてこないのでなんでもいいのだが、なんでもいいのならアテナ。
鉄壁は有効だが盾破壊もあり。

1ターン目に竜の咆哮を使われて盾が無意味になることも多々ある

火属性

イフリーナ(アフフサフサ)
イフリーナ(ペルセポネ、覚醒オーディン、ミニイフ)
サクヤ(マター1)
ノエル(セイウチ×2、ミニイフ)
 

コンセプトは『サポート』

ボスが火属性なのでアタッカーは積まず――とは言わずノエルで突麻痺狙い。
麻痺を入れてはいけない局面もあるが、ヴォルクスは麻痺での行動制限が25%程度で起こるので難易度がさらに下がる為、序盤は麻痺狙いが有効。

回復はリュミエルのほうがいいが持っていないのでサクヤ。
ヴォルクスは特にデバフをしてこないので、サクヤのサポートスキルが活きることはない。

水属性

覚醒アズロ(ヒューゴ、酒×2)
アルテミス(ヤッターマン、覚醒セイウチ、ミニセイウチ)
覚醒アズロ(セイウチ×3)
覚醒ランスロ(ナオミ、カスミ×2)

コンセプトは『アズロは対竜の決戦兵器』

覚醒アズロ×2がすべて。
とにかくここに火力を集中させると一気に片が付く。

ランスロは他の水突が微妙なので入れてみた。戦闘力のかさ増し要員に近い。

森属性

デメテル(ツリドリ、覚醒オーディン、ガスアリン)
セレス(鏡、覚醒ラピス、ペルセポネ)
枕返し(ケセド、オパール×2)
デメテル(ミニポッポ×2、覚醒オーディン)

コンセプトは『徹底的なサポート』

デメテルが2枚になってから火属性ボスの耐性属性となる森属性のデッキ構築がしやすくなった。
ヴォルクスは早バフがないので枕返しが刺さると相当楽になる。

とにもかくにも水突に威力合体を合わせる作業になるのでデメテルが多いに越したことはないが、そこは回復やデバフも組み入れてバランスを取ったほうが良いとは思う。

まとめ:

若干子分の積み方が怪しいところは竜王級の戦闘力制限130000に届かせる必要がある為

役崩れ対策の子分積みをするとどうしても127000とかで止まってしまうことが多い為、一部のカードは戦闘力がかさ増しするように構成せざるを得ない。

スト以上を要求する形での妥協なので火力はそれほど下がらず大きな影響とはならないが、さすがにスト以下では火力が落ちてしまう組合せがあるのが難点。

ヴォルクスは攻バフが5に達するとやたらとマグカノンを連発してくる。
これが痛いので攻デバフは入れておいたほうが良いと思われる。
もちろん火力でゴリ押しできるので、水突W合体の邪魔になるようであれば絶発は避けておいたほうがいいだろう。

またほとんどの攻撃で盾が有効なので、所持している場合は火の回復はリュミエルのほうがおすすめとなる。
森に覚醒ギガスを入れるのもいい。 

麻痺を入れつつ態勢を整え、準備ができ次第水突で落とす戦術を繰り返すだけでいいので、やはり三竜は難易度が低くて良い。
 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする