ドラポコラム その11 【ドラポに実装して欲しい2つの機能】 前編

ヒースです。

さて、スペダンと復刻スペダンが交互に着々と進むだけのドラポ。
新スペダンにしろ復刻スペダンにしろ、その開催が続く限りある現象で困ることになる。

その中の2つの問題に対してこんな改善があるといいのだが――という妄想が今回の内容。
恐らくそんなに難しいことではないはずだが、ドラポの運営にとっては難しいことなのかもしれない。

今回はその第1弾――

目次

進化素材(指輪)のまとめ持ちに対応して欲しい!:

現状

カード所持枠は現時点で最大715となる。
今後、枠を増やせるタイミングは『レベルキャップ開放時』『正月限定福袋』『運営の気まぐれ』しかない。

レベルキャップは今のペースだと1年に3回しか開放されない。
5LVにつき5枠の為、合計で75枠までとなる。

福袋は必ずしもカード枠を増やせるとは限らない。
仮にカード枠だったとしても1年間の内わずか3日間で最大30枠しか増やせない。

『運営の気まぐれ』とは竜石を消費しての拡張方法となる。
基本的に竜石1個につき5枠で最大50枠を増やせるのだが、気まぐれゆえに完全に実施しない場合もある。
事実、相当長い期間実施されていない。

そのあるかないかわからない上限拡張を待つ間に、限定カードや新たに取得したSSがカード所持枠に収まっていくことになる。

ここで問題となるのが、そのカード枠に収まっているカード種となる。
ドラポはカードの種類は豊富で複数持ちも多いので、地味にカード枠圧迫は強烈である。

・GODやDRAなどのメインカード
ドラポでは最大52枚のカードが1つのデッキに使われる。 
スペダンやチャレダン、サビダンとコロシアムでは使用するカードが異なる為、子分も含めると相当の枚数を確保しておく必要がある。

・限定装備カード
よく使うものとあまり使わないものがあるが処分すると再入手が難しい為、なんとなくを含めてカード枠を圧迫する。
あまりにも使わないから倉庫に入っている場合も多い。

・限定Sカード
これもほとんど使わないが、軽減率が増やせるものや限定DRAとの組合せで効果を発揮するもの等もあり、やはり処分に困るものが溜まっていく。

・強化素材
フェアリー、マローン、スペダン素材がこれ。
たくさん持っている人もいるし、全部使用してしまっている場合もある。

特に女神フェアリーや女王フェアリーはスキルを一気に上げたい時の為に貯めておくので、それなりの重さでカード枠を圧迫する。
個人差はあるだろうが、この残数が100とかになると邪魔で仕方がなくなる。

・進化素材
問題はここにある。

覚醒用の書や指輪等、進化用の指輪、DRAの進化用素材等がある。

いつどの色のどの種の指輪が必要となるのかは、選抜ガチャや限定ダンジョンが開催されないとわからない場合も多い。
いちいち指輪ダンジョンやチャレダンに行くよりは、持っているものを使用したほうが断然早い。

しかも、指輪取得は曜日ダンジョンに行く必要があり、欲しい時に欲しい色が手に入れられるとは限らない。
だからそれなりの量をストックしておく必要がある。

基本的にガチャ産のカードであればSS+から始まり、R1S2SS2の各色指輪でSSS、SS4竜神の各色指輪でGODに進化できる。 
DRAカードはSSLV1からだとR2S3でSS+、R1S2SS2でSSS、S2SS2覇王でDRAとなるものが多い。

いずれにせよSS指輪が多量に必要となり、一時にコスト114か138のスーパー指輪に通うのはスタミナ消費の面でももったいないので余力のある時に予め集めておくこととなる。

それを各色ともなると相当の圧迫感に悩まされてしまうのも必然といったところか。
(※人によっては指輪よりフェアリーのほうが多いかもしれないが、指輪+覚醒素材>フェアリー前提として話を進めている)

改善

タイトル通りまとめ持ちに対応して欲しい――ただそれだけ。

タブかボタンに『所持進化素材』とか用意して、ポチッとすると各種進化素材のカード画像一覧と右肩に未取得トレジャーのように所持数でも表示してくれればそれで充分。

もともと指輪等は合成時に選択して使用できるものではないのでただ単に個数がわかれば良く、所持カード一覧に表示される必要すらないと思う。
(※しかも気が利かないことにソートしてもバラバラに並んでまとまって表示もされない)

フェアリーやマローンはSSを使うかRを使うかを都度選択できるので、同じシステムだと若干困る可能性はあるし、困らないかもしれない。
でも指輪と覚醒素材は絶対に困らない。

別画面でその個数のみを管理できるようになれば充足しているか不足しているかが一目瞭然となる。
人によっては大量(各種99個)にストックするかもしれないし、不足分のみを必要に応じて都度都度足すかもしれない。

どちらにせよ、あって困る機能ではないはずなので、可及的速やかに実装を願いたい。

小まとめ: 

今回の内容としてはユーザビリティの改善。

プレイヤーの減少がかなり進んでいそうなので、せめて残っている人達が快適にプレイできるようにして欲しい、ただそれだけ。

ドラポはまもなく3年目を迎えるが、未だ痒いところに手が届かないまま着々と月日を重ねているので、本当に頑張ってもらいたい。

運営がドラポを見捨てていなければ、どこかの大型アップデートで色々やってくれるかもしれない。

大きな期待はできないが、小さな期待はできるとまだ信じていたい。 
 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする