七つの大罪コラボ。チャレダンはドラポの七つの大罪で、コラボはマガジン連載の七つの大罪のほうですよ【ドラポ】

ヒースです。

最近のドラポはやる気があるとは思っていたけど、まさかこんな大きなところとコラボするとは思わなかった。

ニュース等で七つの大罪がちょこちょこほかのソシャゲとコラボしているのを見かけてはいたが、ガッツリ七つの大罪のチャレダンを開催しているドラポで七つの大罪とコラボするとは思わなかった。

なんだか文字にするとわかりづらいな……

pc_header

なんだろう、この開催期間は?

5周年ドラポスタジオツアーが金曜日から始まった影響なのか、コラボのスタートも6/1(金)からとなっている。
さらに謎の火曜終わりとなっているから結構グチャグチャだ。

全部で12日しかないが、土日を2回挟んでいるからなんとかなるのが救いか。

今回のコラボはキャラが非常に多く、原作の戦力の優劣から以下のレア度での実装が予測できる。

<GOD>
メリオダス
エリザベス&ホーク
バン
ディアンヌ
キング
ゴーセル
マーリン

<S>
ギルサンダー
ハウザー
グリアモール

<DRA>
ヘンドリクセン
ガラン

復活している十戒<じっかい>はガラン1体だけとなり、今回のレアボスがガランになるものと思われる。

通常ボスがヘンドリクセンで火属性、レアボスがガランで同じく火属性なので、特効キャラは水属性のディアンヌとバンになりそうだ。

原作からするとディアンヌは水打でバンは水斬(バフ奪取つき)になりそうだが、イラスト的にはバンも水打になる可能性が高そうだ。

ボスが火属性だとすると、主人公のメリオダスは森属性で逆属性になるので特効カードではない。
メインスキルが全反撃<フルカウンター>なので、森盾になる可能性が高い。

その際は鬼童丸をはるかに超えるカウンター性能にならないと意味がないので、凶悪なぶっ壊れキャラになるかもしれない。
主人公だし、限定だし、ドラポお得意の限定ぶっ壊れ超集金でもいいんじゃないかな。

また、ヒロインのエリザベスは回復能力を持っているので、高確率で回復スキルになると言いたいところだが、つい直近でメイル&ロールでやらかした火回復枠だけにその実装は考えづらい。

火全体バフかつ相手全体に持続デバフをくっつける両面性を持たせることで、バフデバフ差を広げるスキルあたりに落ち着いてしまうだろうか。

今回もぶっ壊れを実装したら、もう火属性のインフレが止まらなくなってしまうのでちょっと読みづらい。

エリザベスのスキルがなんであれ、原作でホークがスカウター能力を得ているので、スキルを発動するとおまけで弱点サーチが一緒に発動するとちょっとおもしろいかもしれない。

今回のレアボス想定のガランは、戒禁『真実』の能力により、ガランに対して嘘をつくと石化してしまう。

ドラポにはちょうどよく状態異常石化があるので、このギミックをうまく活用してもらいたい。

ほんまもんの石化なので、ドラポにおいてもコラボアップデート(※コラボ中のみのシステム変更)後は石化は行動不能くらい凶悪でもよさそうだ。

嘘をつくという行動をどう表現するかだが、ファラオやスカーレット先生やスフィンクスのように◯◯しろ、◯◯するなあたりが比較的やりやすそうだ。

最終的にガランに対してガランが宣告したやってはいけない行動を取らせることで石化をすると撃破、とかにしてしまうとさすがにクリアできずにハマる人が出て嫌がられてしまうかな?

条件なんて無限に作れるから、「ターン終了時にステータスがマイナスになっていない」とか「SPを50以下にする」とかもうなんでもありになる。

嘘をつくと石化するがギミックとして用意されていないのであれば、コラボ十戒をガランにする必要ないんじゃね? としか言えない。

長くなっちゃうのでここらへんで切るけど、ドラポのコラボの頻度が高くなっているのはとてもいい傾向だ。

ドラポファンはまぁいいとして、もしかしたら七つの大罪のほうからうまく流れてくることがあるかもしれない。

いつもコラボのときに思うけど、ドラポのほうが難しいゲーム(七つの大罪はゲームコラボじゃなくてマンガコラボだけど) なので、最初のとっつきにくさをなんとかしないといけない。

やはり最初から5パターンくらいの完成デッキを選べるようにして、かつSSチケット(U28)を10枚くらいあげればいいんじゃないかと思う。

サクサク進めばどんどんレベルが上がってスタミナも上限を超えてドンドン貯まるので、いきなり無限にプレイできる。さらに最初から強いデッキなので『オレつえー』もたのしめる。

もちろん完成デッキが覚醒120-7では育成が楽しめないので、レベル1のSSかレベル30のSS+で組み上げられているストラクチャーデッキくらいが限度だろう。

ドラポを始めていきなり子分スキルがどうこうとか、オーブがどうこう、スキルレベルがどうこうはまだ難しい。

超序盤はSSがデッキに入っているだけで体当たりのダメージが尋常じゃなく高いので、ワンペアでもミニストレートでもバンバン先に進める。

いずれポーカーのルールを覚え、そしてドラポのルールを覚えれば、スペダンにチャレンジする頃にはまっとうなプレイができるようになっていると思う。

人によってはずっと体当たりをしているかもしれないけど、そんなプレイを続けている人はきっとどこかで脱落するだろうから、その前にグルチャだとかフリールームとかで救済ができるといいんだろうけどね。

……ん? また長くなってる。

では、キリがないのでこのへんで。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする