ドラポコラム その8 【TS808をこんな風に活用してみよう!】

ヒースです。

たまには軽めの内容ということで、非常に稀有なスキルを持つ【TS808】にフォーカス。

限定DRAだが、登場時から今に至るまで同様のスキルや似たような効果を持つカードは存在しない。
運営もやればできると言われたカードである。

目次

TS808の活用方法:

まずはカードの能力から。

TS808について

Element:
Name:TS808
Class:ロボット
Skill:全体打(子分3種から1つを選択してそのスキルをターン最後に追加発動)
Follow:親分が火の攻撃スキル時、威力20〜40UP+早デバフ2(同カードの子分にブルータル・Dがいれば早バフ2)

万能スキルにしてみよう

ヒースの構成では、回復、バフorデバフ、異常で組むことが多い。
基本的には子分の子分は装備できないので、素の威力重視としている。

回復では持っていればアルカディアが最適。なければドリアード、ジェミニ、サクヤの瀕死補正付き回復がいい。
トルテでも悪くないがバフが1なので微妙。セレスは最悪バフがつかない。ジェミニのバフもまず発動しない。

バフはジュメルが強いが赤盾が消せない。素で2以上上げるにはHPにもよるがスピカやカンナなら間に合う。他は1しか上がらないと見ていい。

バフしながらデバフのカードもなかなか有効であり、マーリンやユラナスが意外と機能するから侮れない。

デバフは基礎値で2下げられるのでバフよりも効果は大きい。
枕返しでデバフ反転、アムネリアであれば防バフ1と鉄壁がついでに狙える。

さらに、積む積まないは人によりけりだが、状態異常カードもおもしろい。
覚醒ハーピーはいろいろやってくれるので、混乱が有効の場合は攻撃したり混乱させたりバフ撒いたり軽減張ったりと使えるシーンが0ではない。

マーメイドとかの睡眠系のスキルも、超合体を含めた最後に発動するのでせっかく寝かせた相手を起こしてしまう事故が少なくなる。

威力を問わないホルスを積むというのもあり。全体攻撃系が乗せやすいのがTS808の特徴。

こんな使い方も!?

西遊記で手に入った【紅ヒサゴ】【芭蕉扇】も実は乗せやすい。
攻防早いずれかとなるが、50%でバフ値吸収または打ち消しとなる。

これは実際にはTS808の親分スキルのほうに効果を発揮するので、3枠の内1枠に入れておくことでTS808の全体打にバフ消し(または吸収)が乗る可能性が出るので一石二鳥となる。
(※当然ながら積める子分は2枚となるのでよりいっそうの厳選が必要)

覚醒ロキを積むことで50%程度で合体しなくなり、かつ2〜3回の全体打が発動する。
そのままロキをスキル発動子分として選択することで、打2+全体確率怒りも追加で発動する為、たくさん攻撃できて嫌がらせも可能となる。

このTS808をコロシアムで見かけたら鬱陶しいことこの上ない。

他にも普通に追撃子分やバフデバフ用子分を積みながら、隙を見てその親分スキルすら発動できるといういくらでも可能性が増え続けるのがTS808である。

TS808がもっと欲しい!:

いろんな活用法でTS808を使いこなして欲しい。

できれば各属性に1体ずつ欲しいし、この子分を活用するスタイルやスキルを選択できるスキルをもっと実装して欲しい。

例えば【振り袖フォア】であれば、ランダムで合体スキルが変動するのではなく、カードを場に出した時に威力UPにするか複数化にするか全体化にするかを仮に選ぶことができれば、DRAだけど常時デッキインしても良くなる。

倍率が低いのが問題ではあるが、1枠でSSSイフリーナ、ウンディーネ、ペリドットをまかなえるのだから道中は全体化、ボス戦では複数化か威力UPとかデッキ変えずに楽しめそう。

TS808の子分スキル発動で運用が難しいのは、属性数を要求するカードはその条件を満たせないこと。
うまく1ターン内にメンバーの何人かがTS808を絶発できれば、可能性が0ではないが稀にしかうまくいかないだろう。

ジェミニは他に火水では3枚のTS808の絶発が必要。
セレスもワンペアでも何かしらバフを張れるが、ワンカードではただの全体回復でしかない。
アイリーンも爪3封印の為、あとひと押しが足りなくなる。

新カードのテストとか、森とか水とかに枠が足りない場合とか、デッキインは厳しいけどTS808の子分ならセーフのカードとか、眠っているカードを一度使ってみると何か発見できるかもしれない。

高難度では遊びカードは入れられないので、竜以下の周回時に実験をしたほうがいいだろう。

漫然とドラポをプレイしてもおもしろくないので、せっかくの遊べるオンリーワンのスキルであるTS808をもっと惜しみなくデッキインできるダンジョンを希望する。
 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする