【ドラポ】妖怪奇岩城鬼ヶ島向けの森咬デッキを組んでみた。

ヒースです。

今日から始まった新スペダンの鬼ヶ島向けに、森咬を中心にしたデッキを構築してみた。

思いのほか森咬の種類が豊富ではなかったので、ウィンドタイガーが1体混じったが、純粋に森咬だけで構築したほうがよさそうだ。

対サイクロプスのデッキを微アレンジ。
麻痺要員が1なのはあまりよろしくないかもしれない。

上位のダンジョンが厳しいようであれば組み合えるが、そうでもないならそのまま攻略に向かう。

今回も100万pt累計報酬と進化あり限定装備(しかも3色)を組み込んできたので、とりあえずゆったりと周回をしようと思う。

チャレダンの進捗が今もって悪いので、スペダンは軽めの調整が良かったのだが、残念ながらがっつり重いのが来てしまい多少ゲンナリしているところ。

100万ptは集めるのも大変だけど消費するのも大変で二重苦なので、もうちょっとシステム周りをなんとかしてから報酬が多いダンジョンを連発して欲しかった。

何がしかの理由をつけてSSチケットを配りまくっているのは非常によいことだが、大体において今更感が強い。

なんでもっと早くこの対応をしてくれなかったのか、と思わずにはいられない。

周回のモチベが普通にあるのなら、ここ最近のスペダン調整はやることがあっていいと思われる。
逆パターンはだんだんとモチベ下がってくるだけかな。

各種スペダンは表面は変わっているけど、やっていることはずっと変わらない。
しかもここ最近は毎回毎回超周回を余儀なくされて、かつその間に更なる拘束プレイのレイドを挟まれたとあっては『ゲーム疲れ』が出てしまっても仕方のないところだろう。

運営さん、今こそゲーム疲れを配慮してスタミナ消費を倍にしてプレイ時間を減らすべき時が来たんじゃないかな?

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (3件)

  • ヒースさん こんばんわ

    拘束プレイという言葉面白いですね!
    年末からかなり拘束プレイしてました。
    ここのところ忙しかったですが、楽しめてた気がします。
    ゲーム疲れが来ると他のゲームに浮気しがちですが、ドラポが好きなので
    楽しみ方を模索しながら遊んでます。
    最近はコラボのおかげか若いドラパーが増えた気がします。
    以前は寄生扱いしてましたが、今はいかに若いドラパーを死なせずに
    クリア出来るかを楽しんでいます。(あきらかに無謀なのは無理ですが)
    ちょうどよくGJボタンも実装されてモチベも上がってます。
    少しずつですが色々と手は加えられてますね!
    ヒースさんの改善案今までに色々ありましたが少しは採用してもらえると
    面白いと思うんですけど。

  • >ヨースさん
    コメントありがとうございます。

    コラボもレイドも楽しめたようで何よりです。
    運営のやる気が感じられたんじゃないでしょうか?

    新規ドラパーはシャウトがイヤになって辞めてしまうようなので、オフがすぐにできるようにチュートリアルで説明があるといいんですけどね。

    100万累計報酬がずっと続いているので合成疲弊が起きます。
    指輪もそれなりに持っておかないと一気に育てられないので、全体的に無駄に時間食うシステムが多いのが難点です。

  • なんかつまんな。

    あ、どうも、まつおです。

    ドラポ新年会やりますが、ピースもくる?

コメントする