デッキレシピ VS覚醒アクアロード

ヒースです。

続いて【三界王の覚醒】対アクアロードのデッキを残しておこうと思う。
こちらは、別途記事を起こすくらい苦戦した相手なので四苦八苦して組み上げたが、完成形には程遠い状態になってしまった。

アクアロードは大変強いので、自分一人ではなく周囲のデッキにも気を配る必要がある。

目次

ヒースのデッキ:

アタッカーは森属性のみで構築。

アタッカー4、威力合体3、回復2、デバフ2、TS808とトリッキーな構成。
とにかく盾を張らないと話にならない。

A

アテナ(覚醒アマテ、千手、千手)

先制攻撃はデバフ付きダメージなのでターン鉄壁は有効。
1ターン目を回復に回す際にリュミエルを使うと、そのターンで盾破壊付きデバフ中攻撃を喰らうので、HPを減らしておかないほうがそのリスクを防げる。

火属性

イフリーナ(アフフサフサ)
サクヤ(鏡、ガブリエル、アリス)
イフリーナ(ペルセポネ、覚醒オーディン、メイリン)
TS808(マーリン、クローバー、ハーピー)

コンセプトは『何とか捩じ込んだ』

アクアロードに対しては絶対に赤盾を上書きしないといけないが、所持カードの都合で火には盾が入れられない。
よって、TS808を活用し、森枠で盾付与率の高いカードを投入している。

ひとりでは盾を全員に張ることが難しいので、付与率の高いカードからマーリンとハーピーを投入しているが、やはり確定でつかない為心許なさは半端ではない。

サクヤのアリスはお守りにつけてみたが、機能した感じは受けない。
(※今思うとデュラン、マター、ポッドでいいはずだが、構築当初は異常攻撃を警戒して組み上げていた為、再挑戦しないから今でもそのままとなっている。ここは参考にしてはいけない)

水属性

フウ(オーディン×2、ガスアリン)
メディア(覚醒ロキ、ペルセポネ、サプライズ)
ピノコ(青本、セラフィナイト、ミニセイウチ)
アムネリア(ケセド、魅惑のアリア、オパール)

コンセプトは『とにかく盾』

オーディンが覚醒していないのは気のせい。

青エイボンピノコが発動してくれれば、HP回復+盾上書きでなかなかだが、やはり発動はしづらい。

アムネリアは威力合体をさせることで、攻デバフで直接的にダメージを引き下げる役割と、HP減少時の防バフ、さらには鉄壁付与がある為ポテンシャルが非常に高い。
ただし防バフ以外が確定ではない為、いざという時に役に立っていないという可能性が残るのが残念なところ。

ちなみにこちらは想定以上に機能しているが、当然ひとりで全部を完璧にまかなっているわけではない。

森属性

ビバーク(ヒューゴ、酒、酒)
フリスト(覚醒ガーネット、カスミ、ガーネット)
ビバーク(ミニポッポ×2、ヤッターマン)
雷神(ナオミ、カスミ×2)

コンセプトは『子分が足りない』

フリストは所持カードの関係でデッキイン。
不適切ではあるのだが、ロマン砲にもなるので仕方なしとしている。

ビバーク×2が最大のダメージソースであり、子分も役に依存しない形にしている。
イシスが2枚あるが、単発攻撃は外すのが厳しい。回復カードと割り切れば使えなくもなさそうだが今回は控えた。
さらにクヴェートをノマガチャで手に入れたが未だ育成中であり、素の攻撃力の低さ、子分所持から考えてもデッキインできないので強森はこれ以上増やせない。

雷神は帯びているから入っており、子分はフリストより優遇している。

まとめ:

全体的に微妙なのだが、所持カードの都合でどうにもならない。

アクアロードが強いのもあるが、デッキが完成しないのもそう感じることへ拍車をかけている気がする。
ひさびさの強ボスに対し、万全の体制で迎えられないのが厳しいところ。

アクアロードの攻撃は3ターン構成である為、タイミングが合えば対処は容易ではある。
そデッキに無駄がなければルーチンワークになるので、デッキの充実度が重要となる。

0ターン先制攻撃は鉄壁で防ぐ。

1ターン目のデバフ付き盾破壊攻撃は、1ターン目で盾を張らないことでデバフを避ける。

2ターン目は最後に赤盾を付与されるので盾を張る必要はない。
ただしターン内の攻撃そのものは鉄壁と軽減が効くので、1ターン目の攻撃をリュミエルで回復すればHPの減少は最小限となる。
が、ここでHPを大きく減らすのも赤盾の上書きに重要なので、甘んじて攻撃を受けておくのも手の内のひとつとなる。

3ターン目は究極覚醒攻撃【コキュートス】となるので絶対に盾を上書きしないといけない。

実はここで威力パールが最強の盾となる。
HPを少しでも減らしてあれば全員に確定で鉄壁&迎撃を張れるので、ダメージを0に抑えながら若干のダメージを与えることが可能。
非常に残念な点は、威力合体が来なかった時点でアウトなことである。デッキインしづらいのもそれが理由となる。 

アクアロードの攻撃は1ターン目の部分からループするので、赤盾上書きで適しているのはリュミエルの軽減といずれかの鉄壁スキルとなる。

クローバーの上書きは3回まで防げてしまうので、盾破壊デバフは喰らう覚悟で使用するしかない。鬼童丸も同様である。

カシエルが軽減+予防接種でダメージを抑えながら赤盾を上書きできるが、やはり確定で付かないので威力合体は必要となってくる。
こちらも状態異常かデバフを受けない限り盾が残るので、1ターンループにデバフを喰らってしまうのが難。

ひとりでアクアロードの猛攻を防ごうとすると若干無理がある。
全員で協力すれば盾の上書きの可能性がぐんと高まり、確定レベルまで持ってい
ける。

それでも盾が付かない可能性が消えない場合は攻デバフでダメージそのものを下げるか、軽減を積み上げたデッキで挑む他ない。

赤盾を残してターンを終える場合は60000からのダメージを覚悟するしかないので、軽減やHPが足りない場合は即死上等である。

HPを75000以上にする、軽減を積み上げる、赤盾を何とか上書きする、攻デバフをかける。
これらのいずれかがあれば高確率で即死しないので、凌いでしまえば何とかなる。

デッキ構築かプレイングのいずれかで頑張って対処してみよう。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする