スペダン解説 復刻【ガニメデの侵蝕】②

ヒースです。

現在開催の復刻【ガニメデの侵蝕】 において、初回開催を経験している人は問題ないが、今回の復刻が初めての人に対してひとつ注意事項を伝えておくこととする。

目次

ダークマターセットに関して気をつけること:

今回のスペダンの目的で至上となるものが『ダークマターセット』の獲得となる。

これは、【君主デュラン】、【ダークマターSSS】、【ダークマター以外の限定装備】をすべて獲得することとなる。

目的は、その3枚を補助カードの子分にすることで合体スキルとの合体を回避することになる。

獲得するには

君主デュランはスペダンポイント50000ptで必ず入手できるので問題無いだろう。

ダークマター及びその他の装備は低難易度の初回クリアで1枚ずつもらえるので、ダークマターは残りの11枚を、それ以外はとりあえず3枚をクリア報酬で得る必要がある。

初級からでも落ちるので、とにかく回数をこなすことが重要となる。

カード説明は良く読むように

上でも書いているから重複になるが、今回の合体回避目的を達成するためにはデュラン、マターSSS、その他の装備が必要となる。

間違えやすいのが、 デュラン、マターSSS、マターSS+でもいいんじゃないかというところ。

これはNG。
マターはレアリティによらずマター扱いとなる。
デュランとマターのみを装備しているとして扱われる為、ダメージ軽減が多いだけで合体スキルは吸収してしまう。

スキルの説明書きもダークマターがSSSになった際に切り替わるので、気にしない人の目には映らないかもしれないし、映ったとしても今言ったように誤読する可能性がある。

ドラポはスキル説明やお知らせ、スペダン詳細にわかりづらい表記が多い。
そこは真意を汲み取って、とにかくしっかりと理解できるようにしておこう。

最悪わからなかったとしても、実際に使ってみて何かおかしいと気づく部分でもあるので、そこで何が原因なのか当たりはつけておく練習はしておいたほうがいい。

S子分はどうするべきか?:

言わずともわかると思うが、育成は不要。
取得はしておき、SSまで育てて図鑑石を回収した時点でポイである。

すべてのS子分が親分がデュランの場合を条件としているが、デュランはマターセットで使われて親分になることがないので条件を満たせない以上何の役にも立たない。

敵として出る時は脅威だが、こちらに来た途端にこの有様。
ゼッドの代わり身の早さはここにも生きているようだ。

ダークマターがドロップしない

これはもう運なので周回し続けるしかない。
どの等級でもそれなりにドロップするが、いかんせん必要枚数が多い。

挑戦できる最大の難易度を周回するのが理想だが、時間がかかったりクリア率が低い場合は難易度を下げて周回速度を上げたほうがいい。

初級、雷級、竜王級のいずれかが周回に適している。
ただどれでもそうだが退屈なので飽きないように頑張ろう。

まとめ: 

まさか初回開催から今の今まで勘違いしたまま、なんて人はいないと思ってはいる。
だが復刻ではまたこの問題が出てこないとも限らない。

なので、注意喚起を一度入れてみることにした。

ダークマターSSSの説明文で一番勘違いしやすいのが、『他の限定子分と同時に装備時〜』となっているところ。
要は、デュラン、マター、マターでも条件を満たしているように見えるところとなる。

『ダークマターを除く限定子分を装備した場合』とやれば勘違いは防げそうだが……。

初回開催よりも限定装備のドロップ率は体感でかなり高いので、とにかくダークマターSSSを1つだけでもいいので完成できるように頑張って欲しい。

その努力は決して無駄にはならない―― 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする