サビダン攻略 【Club Bad Girls】 (シャルル&サフィ)

ヒースです。

2月の季節ダンジョン【バレンタインBad Girls】も終わり、今月からはまた通常通りの【Club Bad Girls】が開催となる。

季節ダンジョンは8月の【Beach Girls】までないので、毎週の日替わり出勤の女の子に好みの娘がいればお持ち帰りを狙う期間となる。

目次

Club Bad Girls(3/5〜3/7 5:00)

出勤する女の子

Fairy&Girls側に【銃士シャルル】が、Gem&Girls側に【占い師サフィ】がそれぞれ出勤する。

銃士シャルル

Element:
Name:銃士シャルル
Class:女の子
Skill:全体確率打2(対象のHPが40%以下で必中)

シャルルとは

シャルルはもうバドガ常勤状態。

コロシアムが今の仕様ではない頃、シャルルの通称『死体蹴り』には大いに悩まされたものだ。

高威力の打2連スキルなのだが、HPが40%より多い場合の命中率が低い。
逆に40%以下なら必中となる。
この仕様により、複数化や後出し気味に出てきた場合は大量のBPを持って行かれることとなる。

しかし今は3連攻撃スキルが多くなり、それを全体化するのがほぼ全部となってしまったので、全体攻撃スキルが陽の目を見ることはもうないだろう。

辛うじて新カードのピスケスが持つ『対象をターゲットした場合』が全体攻撃スキルに実装されれば、シャルルの2〜10連打(※スペダン単体ボスでは変化がないし、3ボススペダンやコロシアムではさすがに回数は減らされるだろう)が現実のものとなる日が来るかもしれないし、来ないかもしれない。

それゆえのバドガ常勤なのだろう。

捕獲に関して

捕獲難度:易

季節ダンジョンコスト90以外であれば、ルーキーでもなければ苦戦する要素はない。
森フラッシュが耐性属性となる為、くまっふぃーがなくとも挑めなくはない。

くまっふぃーがいる場合は時間が許せば絶対にお持ち帰りできるので、フレンドやグル民を駆使して入手をお願いするのが良い。

もちろん、大多数のドラパーが既に不要の状態であり、シャルル自体にも不要の烙印が押されているのは”切ない”と表現する以外に思い浮かばない。

占い師サフィ

Element:
Name:占い師サフィ
Class:女の子
Skill:防or早バフ(スト以上状態異常回復)

サフィとは

サフィもバドガ常勤。

貴重なバフスキルなのだが、その性能がいかんせん使い難い。

何が使いづらいのかはスキル説明文を読めばわかると思うが、『防御または素早さ』の『または』というところ。
素早さを上げたいシーンで防御が上がる場合があり、逆もまた然りとなる。

となるとサフィの使い道は追撃の『状態異常回復』となるが、こちらも縛りがストレート以上となる為、手役縛り系とはすこぶる相性が悪い。

バフも使えない、異常回復も使えない。

それゆえのバドガ常勤なのだろう。

捕獲に関して

捕獲難度:易

通常バドガコスト60ではSSといえどHPも防御も低い。
サフィは弱点属性の水属性なので、森フラッシュでも結構ダメージを与えてしまう。
ゆえにくまっふぃー抜きの場合は、森属性はNカードLV1で構成する等の工夫が必要。

くまっふぃーがそれなりにあれば、たまにミニストやワンペに役を落とせばうっかり倒してしまうこともないだろう。

もっとも、サフィもシャルル同様に大多数のドラパーが不要状態だろうし、不要の烙印を押されているのもまた同じ。

しかも性質の悪いことに、サフィのスキル属性はバフである。
仮にバフMAXガチャが来た場合に、水属性はスピカ、ペトロニウス、サフィの3種となる。

純粋にスピカの邪魔となる2枚の内の1枚である。

バフMAX開催までに覚醒をして超優秀となり、『スピカよりサフィが欲しかったのに!』と言われるのを夢見つつバドガ勤務を続けているのかもしれない。

まとめ:

長く続けているドラパーなら不要週。
必要なフェアリーを集めつつ、出てきたら撃破の流れだろう。

SSボスが出れば両サイドの片方は姫フェアリーが高確率で出現し、コスト60の場合は運が良ければ2体出現する。

もっと運が良ければシャルルやサフィをカード化できる。
この場合は同属性スキルの女王フェアリー扱いとなる。

悲しいが、それが現実の厳しさというものだろう。 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする