デッキレシピ VS覚醒オーディン

ヒースです。

現在開催中のチャレンジダンジョン【覚醒オーディン】に関しては、挑むことがないだろうからということで特に攻略記事を起こしていなかった。

が、それなりの期間(※Not時間)をかけて先週末にようやくデッキを組み上げることができたので、このまま使用しなかったとしてもレシピとして残すことができるとの思惑で、それをそのまま紹介してみることとしよう。

目次

ヒースのデッキ:

森をフル打アタッカーとし、威力合体3、回復2、デバフ1、防御1となる。
なんとなく組み上げたので微妙な感じはある。

A

座敷童子(覚醒アマテラス、千手、千手) 

先制攻撃のダメージ対抗よりも、暗闇時に状態異常が回復できるようにAには異常回復のいずれかを置くのが良い。
今回は森がアタッカー枠なのであぶれた座敷童子を投入。

アルカディアを持っていれば、Aアルカディアも非常に良い。

火属性

イフリーナ(アフ、フサ、フサ)
イフリーナ(ペルセポネ、覚醒オーディン、ミニイフリーナ)
サクヤ(デュラン、マター、ガン)
セラフ(ケセド、魅惑のアリア、ミニイフリーナ)

コンセプトは『それなりのバランス』

セラフはデバフ常連。火はこれしか持っていないから仕方がない。
2枚のイフが活かせるのは水ボスの時くらいなので高威力子分を搭載している。

サクヤが異常を回復できないが、ドリアードの代わりに瀕死回復要員となる為仕方がない。

水属性

トルテ(鏡、覚醒ラピスラズリ、ペルセポネ)
フウ(オーディン、オーディン、ミニセイウチ)
ダイヤモンド(覚醒ロキ、ムンムン、エミリー)
ピノコ(青エイボン、覇者の証、セレス)

コンセプトは『これしかないから仕方がない』

どうしてこうなった、という状況だが基本的に異常回復を想定。

ピノコは何を入れればいいかわからなくなった迷走の果て。
エイボンの書が発動すれば超回復。失敗すると威力吸って自分が大回復のリスキータイプ。

スピカが欲しいところだが、持っていないから入れていないのでどうにもならない。

オーディンが覚醒していないのは気のせい。

森属性

ヴァルト(ミニポッポ、ミニポッポ、ゴリラス)
ギルバート(雪ラティオ、雪ラティオ、ヤッターマン)
トール(ヒューゴ、酒、酒)
覚醒ゴリラス(雪ラティオ、雪ラティオ、雪ラティオ)

コンセプトは『とにかく詰め込んだ』

主力はトールとゴリラス。残りはおまけ。
トールの追撃全体で、オーディンを殴りながら使い魔を麻痺させるのがメイン業務。

ワンペでも高火力となる構成にはしてあるので、とにかくダメージを与えることはできる。

まとめ:

森にアタッカーを全力で突っ込んだら他がショボくなった感じ。
水枠にピノコの代わりにアスモデウスを入れることも可能かも、とは今思ったところ。主に麻痺要員としてなので、特攻カード扱いではないが。

オーディンの何が嫌かって?

――もちろん『暗闇』を置いて他にない。

それがあるから『暗闇を防ぐ』、『暗闇を解除する』、『暗闇でも対応できる状態にする』という3つのコンセプトでデッキを組み上げたら自然とこうなってしまった。

実際チャレンジしていないのでこの構成で有効なのかどうかはわからない。

チャレンジしてみれば普通にクリアできるだろう。
それでもストレスと報酬の必要度がまったく釣り合わないので、結局このまま眠らせることになりそうだ。

ちょっと前までならスタミナを溢れさせることには相当の抵抗があったから、スタミナ消費の意味もあってそれなりにチャレダンを回っていたりもした。
けど今は、あっさり寝落ちをして1日1回無料回復すら使い損ねてしまう始末。

同時開催のスペダンが単調なせいもあるかもしれないが、やはりオーディンは不得手なので無理をしてまで挑むことはない、そんな拒否反応の現れなのかもしれない。

気が向けば週末までに1回くらいは挑むかもしれないし、やっぱり挑まないかもしれない。 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする