カードスキル紹介 【魔術師メディア】

ヒースです。

散々名前を出しておきながら、【魔術師メディア】のスキルに関して予測だけで確定したスキルの評価が抜けてしまうことに今更気がついた。
コスト35だから選抜に入ってこないし、MAXガチャは基本的には特に取り上げないと思うので。

今回は珍しくメディアだけの単体カードスキル評価とする。

目次

【魔術師メディア】

Element:
Name:魔術師メディア
Class:女の子
Skill:敵全体の攻防早デバフ(自分のHPが低いほど威力UP)

評価:

ついに実装された逆ジュメル。

敵全体のステータスを減少する、という若干言葉が足りないのがいつも通りと言えばいつも通り。
『敵全体の攻撃力・防御力・素早さを減少する』と書いてくれれば絶対に間違えない。
(※スキル詳細まで入れば、説明文のところでそう書いてないこともない)

今までにないスキル搭載時には遠慮している場合とぶっ壊れている場合があるが、今回はなんと両方。

まず、HPが75%より多い場合はデバフ基礎値1.5と非常に微妙である。(※SLV5相当)
どうあがいても-4にならない。

鏡を子分にすれば-2×2で-4にはなるが、通常のデバフなら-3×2の-6である。
どんな子分を載せようとも-2は-2のまま。
(※鏡3030で-3×2になるが、そんな子分は存在したかな?)

コスト35でこの性能――HP満タンキープをすると思ったほどでもない。
といっても攻防早全部のデバフだから、まぁ、仕方がないと言えよう。

メディアが真価を発揮するのは瀕死時。
スキル名『リベンジスペル』がすべてを物語っている。
なんとHPが25%以下の威力はストレートノルンと同等となる。これは相当に脅威――ぶっ壊れだ。

最大威力を出すHP25%以下はデバフ基礎値が2.8となる。
子分なしでオール-3である。

鏡1520の子分搭載で-4×2の-8。これが全デバフなのだから、天から地へともはや逆枕返し状態になっている。

しかも、スキル威力がHP依存なのがなんとなくコロシアムで鏡バグを発現しそうなのも侮れない。
もしバグ発生対象に選ばれていたら、鏡2020で全デバフ-5×2とかもうなんなんだそれは。

鏡スピカや鏡ノルンに続き、鏡メディアとかやってくれちゃったら、もはや廃課金がコロシアムを無双する未来しかない。

野良で強運にもメディアを手に入れて仮にコロシアムでうまく決めたとしても、ガチ勢には枕返しであっさりとフルバフにされるのがオチ。
必要なカードが全部揃っていないと意味がないのがコロシアムの凄いところ。

……結局何が言いたいか。

『課金者なら全力で取得しておくべき』という事。

水デバフMAXで約1.17%で手に入る――煽る書き方をすれば、3種しか水デバフがいないから33%で手に入る!

もっとも、ガチ勢なら引かない選択肢は最初からないだろう。

無課金微課金でも引ける余力があるなら別に狙っても構わない。
ハズレ枠と言うにはイザナミも相当優秀であり、盾破壊付きのイザナミのほうがそれなりの使いどころも多いと思う。

メディアが大当たり、イザナミも大当たり、オパールは大ハズレ。

MAXグループが引けない、オパールが量産される、そもそもSSが7%で来ない。
このリスクを覚悟の上であれば、水デバフMAXを引いてもいいんじゃないかな。

高確率の入手チャンスは本当に今回限りかもしれない。

本来はMAXガチャはおすすめしないが超レアそうなデバフMAXは3/4(金)0:00から開催なので、もし入手チャレンジするのであれば日時を間違えないよう気を付けよう。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする