コロシアム選抜ガチャ 【死竜戦士ネロ】

ヒースです。

恐らくコロシアム向けの選抜ガチャが開催中。

新カードは状態異常ゾンビ化付与の4連アタッカーの【死竜戦士ネロ】 となる。
スキル性能よりイラスト性能が高いカードと思われるので、火爪が弱いという場合においても今回引いたほうがいいとはあまり言えないかもしれない。

目次

6/9 コロシアム選抜ガチャ評価:

火属性

Name:サーベラス
Class:なし
SkillType:咬
Cost:34
Orb:1
States:敵全体咬1〜2(120/110)&怒り(40%)+対象が怒り時赤盾(50%)
Skill:2681/1603/1597
Follow:咬35UP(自分含む役内咬み3枚以上時40UP)

Name:死竜戦士ネロ(New)
Class:女の子、ドラゴン、アンデッド
SkillType:爪
Cost:34
Orb:1
States:2720/1620/1542
Skill:爪4(100/対象がゾンビ時110)&ゾンビ化(43%)+対象がゾンビ時いずれかバフ奪取&与ダメージ17%吸収
Follow:親分が攻撃スキルかつアンデッド時威力35UP(対象がアンデッド時威力35〜40UP&防デバフ1(33%))

Name:竜戦士エマ
Class:女の子、ドラゴン
SkillType:爪
Cost:32
Orb:2
States:2841/1509/1354
Skill:火帯爪2(160)+役内自分以外にドラゴンor女の子時追加で強火単(100)
Follow:爪18UP(スト以上爪35UP)

水属性

Name:豆腐小僧
Class:妖怪
SkillType:回復
Cost:34
Orb:1
States:3151/1575/1155
Skill:全体20%回復(HP20%減毎に25%/30%/35%/40%)&デバフ打消or反転(50%)
Follow:スキル発動時状態異常解除&予防接種(33%:既に予防接種時盾破壊不可に変化(10%))

Name:狼使いシノ
Class:女の子
SkillType:爪
Cost:34
Orb:1
States:3007/1611/1260
Skill:爪4(100/対象の早バフ+1毎に102/104/106/108/110)+対象の早バフ1以上時反転(50%)
Follow:スト以上爪咬35UP+自分以外の役内に爪がいる時爪単追撃+自分以外の役内に咬がいる時咬単追撃

Name:青龍
Class:神、ドラゴン
SkillType:咬
Cost:30
Orb:2
States:2802/1600/1122
Skill:帯咬2(160)
Follow:咬15UP(スト以上咬35UP)

森属性

Name:ココ
Class:女の子
SkillType:爪
Cost:34
Orb:2
States:3076/1562/1244
Skill:盾破壊付き爪2(175/盾破壊時210:自分以外役内森属性2枚以上で森帯)
Follow:爪35UP(自分含む役内爪3以上で40UP)

Name:0.愚者(ザ・フール)
Class:女の子、タロット
SkillType:合体
Cost:34
Orb:1
States:3062/1133/168
Skill:複数化(2〜4回:0.7倍/2T目:0.75/3T目:0.8/5T目:0.83/10T目:0.85/15%目:0.9)
Follow:威力15〜20UP(1ターン経過毎に最低威力&最大威力2UP:5T)

Name:XⅧ.月(ザ・ムーン)
Class:女の子、タロット
SkillType:咬
Cost:34
Orb:2
States:2791/1650/1437
Skill:無属性咬2(240/対象のステータス計±1以上時220/±5以上時210/±10以上時200/±15時190)+バフ解除(50%)
Follow:咬35UP(対象の早バフ1毎に威力1UP&命中2UP)

総評:

今回は全属性特に引かなくて良いのではないかと思われる。

火属性は引き続きサーベラスが選抜されているので、前回引きたくて引けなかった場合は狙ってみても良いタイミングではある。
新カードとエマが同時選抜されているので多少被っても問題ないカードなので、ガチャチャレンジ回数は多く取れる。

エマは火爪ではいまだに充分使える性能をしている。
帯と強火追撃が森属性に威力が高いのが大きい。

新カードのネロはゾンビ化がどれだけ有効に働くか次第だが、コロシアムだけ見ても現時点ではアルカディアの存在がゾンビ化を無効化しているので効果を発揮しづらい。

ボス戦でゾンビ化が効けばいいが、ゾンビが有効なダンジョンがほぼ想定できない時点で役立たず状態異常であることはまず間違いない。

子分はリンネに近いので、リンネにネロを積むかネロにリンネを積んだりとかで調整が可能となるが、範囲が狭すぎて子分としても微妙と言わざるを得ない。

水属性はどのカードも今回引く必要は特にない。

せいぜい青龍がデュエルマッチでのドラゴンバーストとして優秀なので重複して持っていても良いくらいか。

森属性も今回引く必要はない。

その中で目立つとしたら月くらいか。
無属性扱いであることと対象のバフデバフが薄い序盤にとんでもなく高い火力を発揮できるのが魅力だ。

ヴィクトリア戦では属性優位がないにもかかわらずそこら辺の森咬カードを凌駕することができたのは、やはり基礎値が高いことに由来していたからだろう。

また、ココは盾破壊+条件帯びなので、水属性で爪弱点かつ頻繁に盾を張るボスには非常に有用となる。

さらにコロシアムの水染めグルチャに対抗するのにもちょうど良い感じだろう。
開幕ガードブーストか予防接種のパターンが多いので、1ターン目で先制全体化すればインキュバスを一網打尽にできる可能性はぐっと高くなる。

後続に封印カードがあればなお良いので、沙悟浄やアイリーンあたりがお供にいるとさらに有効に働く可能性はある。

目的を絞れば有効性が出てくるカードもあるが、今回は様子見での石節約を推奨したい。

タワーダンジョンの全貌が明らかになってから戦力を充実させたほうがいいに決まっているので、今は育成が中途半端なカードを育て切ってしまいデッキ構築の幅を拡げておくほうが良さそうだ。

もしかしたら複数デッキを駆使しながら連続でボス討伐とかになるかもしれないので、子分カードが不足しているとクリアが困難になるとかそんな可能性も否定はできない。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする