復刻【ドリームワンダーランド】向け選抜ガチャ 【白兎キャロル】

ヒースです。

復刻スペダン【ドリームワンダーランド】向けの選抜ガチャが開催中。
新カードに盾破壊付き持続デバフの『白兎キャロル』が追加され、対ヴィクトリアの選択肢がまたひとつ増えた。

森属性は従来通りのオール特効なので、森属性は非常に引きやすい選抜となる。

既に修正されているが、火属性で教皇ではなく魔術師が裏選抜されるという謎のバグを実装した運営の手腕は流石としか言いようがない。

目次

5/19 スペダン選抜ガチャ評価:

火属性

Name:Ⅴ.教皇(ザ・ハイエロファント)
Class:タロット
SkillType:合体
Cost:34
Orb:1
States:2830/1465/1586
Skill:複数化(3回:0.8倍:合体先カードの数字が8910時0.83/567時0.87/234時0.92/A時0.95)
Follow:合体20UP

Name:帽子屋ギリム
Class:なし
SkillType:デバフ
Cost:34
Orb:1
States:2841/1520/1520
Skill:敵全体攻防デバフ(-200:付与80%/対象が怒り時100%)&怒り(60%)
Follow:親分が火属性かつ攻撃スキル時スト以上威力35UP+敵全体怒り(20%)

Name:悪魔マルコシアス
Class:悪魔
SkillType:咬
Cost:32
Orb:1
States:2670/1542/1492
Skill:咬3~5(120/110/100)+対象のバフ解除(50%)
Follow:咬35UP

水属性

Name:アリス
Class:女の子
SkillType:回復
Cost:33
Orb:5
States:2917/1429/1559
Skill:全体25%回復+軽減盾(付与90%:軽減50%:発動50%/スキル発動時のHP20%減毎に60%/70%/90%/100%:3T)
Follow:回復スキル発動時HP5%回復+軽減盾(1回:付与35%:軽減30%)
Awake:役内女の子×3%威力UP

Name:白兎キャロル(New)
Class:なし
SkillType:持続
Cost:34
Orb:2
States:3046/1194/1642
Skill:盾破壊付き敵全体持続(早デバフ1/盾破壊時2(100%):怒り(50%):付与80%/盾破壊時100%:3T)
Follow:水属性以外かつ攻撃スキル時威力30〜40UP+対象持続(早デバフ1:怒り:付与20%:発動33%:2T)

Name:悪魔アモン
Class:悪魔
SkillType:咬
Cost:34
Orb:2
States:2902/1603/1376
Skill:咬2(175:HP20%減毎に177/180/184/190)&怒り(85%:HP20%減毎に87%/90%/93%/95%)+対象が怒り時全バフ1奪取(50%)
Follow:スキル威力15UP(自分含む役内悪魔×4UP)

森属性

Name:ポワール
Class:女の子
SkillType:咬
Cost:34
Orb:1
States:
Skill:咬4(100/対象の防バフ3以上時110)+防バフ2奪取(50%:対象の防バフ+1毎に55%/60%/65%/70%/80%)
Follow:親分が森属性時合体回避(33%:自己HP50%以下時50%)

Name:ドロレス
Class:女の子
SkillType:咬
Cost:34
Orb:2
States:3035/1614/1233
Skill:咬5(100)&怒り(35%)
Follow:親分がA時被ダメージ軽減15%+HP50%以下で被回復10%UP

Name:XⅧ.月(ザ・ムーン)
Class:女の子、タロット
SkillType:咬
Cost:34
Orb:2
States:2791/1650/1437
Skill:無属性咬2(240/対象のステータス計±1以上時220/±5以上時210/±10以上時200/±15時190)+バフ解除(50%)
Follow:咬35UP(対象の早バフ1毎に威力1UP&命中2UP)

総評:

火属性は帽子屋ギリムを入手しておくと良い。
合体スキルをがっつり吸って怒りの付与と攻防のデバフをしっかりと与えると次回スペダンの攻略がかなり楽になる。

他2枚はそこまで有用ではないので、ギリム1点狙いでなければ火は回さなくて良いだろう。

水属性は新カードのキャロルがなかなかおもしろいスキルをしている。
持続スキルと思いきや盾解除スキルの為、イザナミがない場合や怒りも併せて付与したい場合はキャロルの入手優先度は高い。

通常付与が80%だが盾解除時は100%となり、持続効果の早デバフも通常時が1に対し盾解除時は2となり効果が大きくなる。
怒りも50%とはいえ毎ターン付与判定があるので、当ターンではなく次ターンに怒りを持ち越せるのは大きい。

コロシアムやデュエルマッチでも使える性能をしているので、カンカンカンカンッと盾を良く喰らっているようであれば選択肢のひとつとして入手しておくと汎用性が高まると思う。
怒りはコロシアムでは強力な状態異常のひとつなので、特に有人戦では持続効果という部分が有効に働くかもしれない。

アモンは次回スペダンでは同属性となり火力は不完全だが咬&怒り部分は一致特効の為、森属性がどうしても薄い場合、あるいは森属性にどうしても入れたい補助がある場合はサポートアタッカー枠として入手しておくという手もある。

今回の森がオール咬選抜なのでそれを外してまでアモンを狙うというのは何か違う気はするが。 

アリスはここで選抜すべきカードではなく完全な嫌がらせのハズレ枠。
いくら鏡の国のアリスモチーフとは言え、まったく関係なく実装してあったアリスを無理やりねじ込む必要はないだろう。

キャロル欲しさに水を回してアモンならまだしもアリスが出た時のがっかり感は4周年の高揚を台無しにするくらい凶悪なので、どうせ入れるなら別カード扱いのアリス(それこそキャロルではなく同じスキル効果のアリスとか) を実装すべきだったと言わざるを得ない。

バドガ落ちしているのだから、イベントキャンペーンで全配布ですら問題ないんじゃないかと思うが、何を言ったところでもう今更だ。
水ガチャを回すならアリスを入手してしまうのもやむなし。それをわかっていることが肝心だ。

森属性は最近流行の選抜全員がアタック特効となる。

月だけは森属性ではなく無属性だが、基礎火力が高いので特に問題はないはずだ。

大当たりはドロレスで完全一致特攻となる。
5連のカードはだいたいどのカードも壊れているのでドロレスの火力は同じ森咬では群を抜いている。

月が森属性であれば240×2×1.5となり凶悪だったが、最後の属性倍率が乗らないので100×5×1.5のドロレスのほうが結局のところ極悪となる。
(その分、月にはバフ解除という優位性がある)

ポワールは対象の防バ
フがある程度高いと威力が上がり、対象の防バフが高いほど防デバフを付与できる。
固定で必ず2段階のデバフだがないよりはあったほうがいい。
(ランスロやメイリンのような威力の乗るデバフが一番いいのは間違いないが)

いずれも弱いカードではないので、森咬が薄いと思えば4枚になるまでどれが当たっても引き続けて良い選抜だと感じる。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (4件)

  • >ドラポンさん
    イザナミがないのでキャロル狙ってみようと思っていたんですが、アモン持っていて左がアリスの時点で石の無駄と判断して自制しました。

    4周年とその前あたりで大量に図鑑石を投入して必要カードを入手したので、キャロルを回す図鑑石残の心許なさにビビった感じです。

    イザナミとウズメの日替わり選抜は4周年11連ガチャを優先してしまった為回せなかったので、未だ盾破壊難民のままです。
    (結局石120個しか必要ないイベントだったのでちょっと控えすぎました)

  • 更新お疲れ様です
    そういえばですが、ヒースさんの4周年記念11連ガチャの結果はどうでしたか?(小声)

  • >ななしさん@スタジアムさん
    11連ガチャは各日SS1枚の最低限でした。
    30回分のレアガチャはどこへ消えたんでしょうね?

    初日が審判(2枚目)、2日目が戦車(1枚目)、3日目が魔術師メディア(2枚目)でした。

    コスト35以上はメディアしかないので、そのメディアが2枚になるという微妙なありがたさでした。

    審判もこれを一体どう取り扱えばいいのか途方に暮れる感じですね。

コメントする